MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ヤフー、統計データを用いた 「阪神・淡路大震災」の“記憶”と“記録”を未来へ繋げる企画を実施

2015/01/13 09:00

 ヤフーは、阪神・淡路大震災発生より20年の節目となる1月17日、この大災害の記憶と記録を残していくため、Yahoo! JAPANのトップページを、当時の様子を振り返るデザインに切り替える。あわせて、特集ページでは写真や映像、統計データを組み合わせたインフォグラフィックスを公開。当時の被害状況や、有事の際に取るべき行動などをインフォグラフィックスで伝えることで、自分の身を守るのかを考えるきっかけを提供する。

 なお、同企画では神戸市震災写真オープンデータサイト「阪神・淡路大震災『1.17の記録』」やアフロ、毎日放送、「阪神・淡路大震災の経験に学ぶ」(国土交通省 近畿地方整備局)や、地方自治体、消防庁などのデータを使用する。

【関連記事】
神戸新聞社、AR活用し「街が体験した震災の記憶」を表示するコンテンツ公開
ヤフー、ツイートを解析して公式情報よりも早く電車の運行状況を伝える「遅延なう」機能を公開
JIAA 、「インフォメーションアイコンプログラム」の認定を開始~ヤフー、DAC等が導入へ
記憶に残る広告を。ヤフー、スマートフォン向けリッチ広告への取り組みを強化
ヤフー、検索アプリ「SmartSearch」リニューアル~パーソナライズ機能や新たな検索体験を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5