SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SSP「Kauli」プライベート取引への対応強化~PMPをはじめとしたプログラマティック広告販売へ

 Kauliは、1月14日、同社が提供するSSP「Kauli」におけるプライベート取引への対応を強化し、プライベートマーケットプレイス(PMP)をはじめとしたプログラマティック広告の販売を開始した。

 日本におけるプログラマティック広告市場は、マイクロアドの調査によると、2017年には1,023億の市場へ急成長すると予測されている。そして昨今では付加価値の高い限定されたプレミアムな広告枠に対するプライベート取引の要求が高まっている。このような背景から、同社はこの度の取り組みに至った。

 これにより、オンラインパブリッシャーは、自身が所有する付加価値の高いプレミアムな広告枠の収益性を高めることが可能に。なお、プレミアムな広告枠の買い付けを希望する広告主に対しては、SSP「Kauli」に接続するDSP事業者および同社が独自に開発する広告枠の買い付け機能である『DirectReach』を利用することでプライベート取引が可能になる。

 今後、同社はプログラマティック広告販売における知見とデータサイエンスに基づく広告配信ナレッジをもとに、マーケティングオートメーション等の広告主が求める様々な要請に対応することで、オンラインパブリッシャーに対して収益性の高い広告配信プラットフォームを提供していく。

【関連記事】
Kauli、米MediaMathのDSP「TerminalOne」とPC&スマホ広告のRTB取引をスタート
プログラマティックは2014年に劇的成長、今後はプライベート・マーケットプレイスが牽引
電通、Googleの協力のもとプライベート・マーケットプレイス構築へ
米広告業界団体が選んだ今年の“マーケティング流行語大賞”は「プログラマティック」
アップルの「iAD」がプログラマティックへ移行、支援するアドテク企業の顔ぶれが明らかに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング