SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

モバイル活用の最新情報をお届け!D2C出張版

テレプレゼンスロボット「Double」が実現した近未来のリアルショッピング

 最新テクノロジーと伝統が出合い、融合したら、どんな世界が広がるのでしょうか? Tommy Hilfiger Japanは、テレプレゼンスロボット「Double」を活用してバーチャル来店キャンペーンを実施しました。本記事は、マーケティングにおけるモバイル・タブレット活用情報をお伝えする「D2Cスマイル出張版」です。

伝統を継いだアイテムを最新技術でショッピング!

 Tommy Hilfiger 2014年秋のコレクションとして展開された「TECH TRADITION」は、英国の老舗テキスタイルメーカー アブラハム・ムーンとのコラボレーションで生み出されたオリジナル生地をベースに、伝統的なタッチと現代的なシルエットを融合させました。

 コレクションのコンセプトは「伝統的であること、現代的であること」。この相反する2つの要素を融合して具現化させたのが、「最新テクノロジーによるロボットが生活者に代わり、“進化し続ける伝統”を感じさせる店内をショッピングする」というアイデアです。

 アイデアを実現するのに活躍してくれたのが、Double Robotics社が開発したテレプレゼンスロボット「Double」です。車輪から伸びるスタンドの先に装着されているのはiPad。このiPadと遠隔地にいるユーザーのパソコンやタブレット端末をインターネット回線でつなぎ、店内にいるロボットを自由に操れるという仕組みです。人間の背丈ほどあるスタンドに装着されたiPadが目の役割を、車輪が足の役割を果たし、まるで自分で店内を見て回っているかのような感覚を味わえます。

 iPadのカメラが目となり、自由に動く車輪が足になる
iPadのカメラが目となり、自由に動く車輪が足になる

 今回のキャンペーンではTommy Hilfigerの店内をくまなく楽しんでもらうため、店舗にいなければ答えが分からないクイズを出題しました。正解を探すには、ロボットを操作して商品だけでなく店内をしっかり見てもらう必要があるわけです。また、ロボット操作に参加できなかった人に向けて、同じくバーチャル感覚で店内の様子が見られる「Googleインドアビュー」を活用。店舗以外の場所にいながらクイズに参加することを可能にしました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
「これ見せてください!」だって当たり前にできる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
モバイル活用の最新情報をお届け!D2C出張版連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

D2Cスマイル編集部(ディーツーシー スマイル ヘンシュウブ)

 株式会社D2Cが運営する、デジタルマーケティングの総合オピニオンサイトです。D2Cの多岐に渡る事業担当者の知見を元に情報発信を行っています。D2Cスマイルはこちら

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/01/29 14:00 https://markezine.jp/article/detail/21766

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング