MarkeZine(マーケジン)

記事種別

コンテンツマーケで活用しているプラットフォームは?断トツトップは約7割で「Facebook」に

2015/02/09 09:30

 エコンテは、「インタラクティブ・インフォグラフィック」を用いてまとめたコンテンツマーケティング調査レポートを公開した。

 同調査において、コンテンツマーケティングを実施している理由についてたずねたところ、トップは「ブランド認知(67.2%)」という結果に。それに「顧客獲得(50.0%)」「リード(見込み客)育成(32.8%)」と続いた。

 また、マーケティング予算のうちコンテンツマーケティングにかける費用の割合については、「1~24%」が68.4%で最多に。一方で「100%」投下している企業も0.7%ほどいることが明らかになった。

 そしてコンテンツマーケティングで取り入れている手法をたずねたところ、「ソーシャルメディア(62.3%)」、「自社ブログ(56.8%)」、「リサーチ(32.2%)」がトップ3に。同様に効果があった手法としても、この3つがトップ3にランクインした。

 さらに、取り組んでいるプラットフォームについては、「Facebook」が約7割で断トツでトップだった。それに「Twitter(53.0%)」「LINE(35.0%)」が続いた。そして効果があったプラットフォームも同様にこの3つがトップ3となった。

【関連記事】
「見るだけで遊べる」動画コンテンツへ、YouTube動画広告枠を使った試みスタート
メール開封時に表示コンテンツを最適化!エクスペリアン「リアルタイムレコメンドメール」提供
電通PRとCCPR、インフルエンサーを活用したコンテンツマーケティング領域で提携
アイオイクス、コンテンツマーケティング専業会社「エコンテ」設立
はてなブロガー、ヒートマップを利用したコンテンツ分析が可能に~「Ptengine」無料プラン提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5