SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

コンテンツマーケで活用しているプラットフォームは?断トツトップは約7割で「Facebook」に

 エコンテは、「インタラクティブ・インフォグラフィック」を用いてまとめたコンテンツマーケティング調査レポートを公開した。

 同調査において、コンテンツマーケティングを実施している理由についてたずねたところ、トップは「ブランド認知(67.2%)」という結果に。それに「顧客獲得(50.0%)」「リード(見込み客)育成(32.8%)」と続いた。

 また、マーケティング予算のうちコンテンツマーケティングにかける費用の割合については、「1~24%」が68.4%で最多に。一方で「100%」投下している企業も0.7%ほどいることが明らかになった。

 そしてコンテンツマーケティングで取り入れている手法をたずねたところ、「ソーシャルメディア(62.3%)」、「自社ブログ(56.8%)」、「リサーチ(32.2%)」がトップ3に。同様に効果があった手法としても、この3つがトップ3にランクインした。

 さらに、取り組んでいるプラットフォームについては、「Facebook」が約7割で断トツでトップだった。それに「Twitter(53.0%)」「LINE(35.0%)」が続いた。そして効果があったプラットフォームも同様にこの3つがトップ3となった。

【関連記事】
「見るだけで遊べる」動画コンテンツへ、YouTube動画広告枠を使った試みスタート
メール開封時に表示コンテンツを最適化!エクスペリアン「リアルタイムレコメンドメール」提供
電通PRとCCPR、インフルエンサーを活用したコンテンツマーケティング領域で提携
アイオイクス、コンテンツマーケティング専業会社「エコンテ」設立
はてなブロガー、ヒートマップを利用したコンテンツ分析が可能に~「Ptengine」無料プラン提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/02/09 09:30 https://markezine.jp/article/detail/21890

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング