MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「スマホで音楽を聴く場合は動画アプリを利用」が5割以上【MMD研究所調査】

2015/02/18 12:00

 スマートフォンを所有している15歳以上の男女(N=556)を対象に、スマートフォンでの音楽視聴頻度について聞いたところ、iOSユーザー(N=140)の32.9%、Androidユーザー(N=416)の20.2%が「ほぼ毎日」スマートフォンで音楽を聴いており、イス別での視聴頻度が異なる結果となった。

音楽視聴頻度(デバイス別)
音楽視聴頻度(デバイス別)

 次に、スマートフォンで音楽を聴いていると回答した人(N=355)を対象に、どのような方法で聞いているか(複数回答)を聞いたところ、「動画アプリ」が56.1%と最も多く、次いで「無料音楽配信アプリ」が33.2%、「購入したCDからスマートフォンに取り込んでいる」が32.7%となった。

スマートフォンでの音楽利用状況
スマートフォンでの音楽利用状況

 スマートフォンを所有している15歳以上の男女(N=556)を対象に、ハイレゾについて聞いたところ「知っている(ダウンロードしたことがある)」が3.8%、「知っている(ダウンロードしたことはない)」が26.4%、「名前は聞いたことがあるが意味はわからない」が16.5%と合わせると認知度は46.7%となった。

ハイレゾの認知度
ハイレゾの認知度

 続いて、ハイレゾをダウンロードしたことがないと回答した人(N=535)を対象に、購入意向を聞いたところ、「とても購入したい」が5.0%、「やや購入したい」が22.1%と合わせて購入意向は27.1%となった。

ハイレゾの購入意向
ハイレゾの購入意向

【調査概要】
調査期間:2015年2月13日~2月15日
有効回答:556人
調査方法:インターネット調査
調査対象:スマートフォンを所有している15歳以上の男女

【関連記事】
直近1年間で利用した映像配信サービス、約5割で「GyaO!」が最多に【マイボイスコム調査】
YouTube動画広告「毎回スキップしている」は昨年より10ポイント減【オプト動画視聴行動調査】
消費者の期待に応えないWebサイト、6割超の消費者が商品購入・情報収集を中断する【アドビ調査】
「ネイティブ広告予算を増やす」広告主の63%、透明性・測定基準に課題も【米ANA調査】
マーケティング予算のほぼ全てをデジタルに投下する企業は約7%に【PR TIMESx宣伝会議調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5