SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CA、TVCMの効果検証を素早く行ないWeb動画の配信先を最適化する「アジャイル型配信モデル」を開始

 サイバーエージェントは、テレビCMの効果と連携した動画広告の新サービス「アジャイル型配信モデル」を開始した。同サービスは、通常2~3週間かかるテレビCMの全国規模の効果検証を、最短5日間と素早く行うことで、Web動画広告の配信先を最適化するもの。

 10代20代の若年層におけるテレビ媒体の影響力低下は、マスマーケティング戦略の課題となっている。そのため、若年層に対してWeb動画のセグメント配信を行うことで、テレビCMとWeb動画のトータルの広告接触量を確保する手法が一般的な戦略となっている。

 今回提供されるサービスは、CM認知率、ブランド・商品認知率、好意度などの指標を、性別、年齢、地域といったセグメントごとに計測し、調査結果を元に認知率の低いセグメント層に対して、Web動画の広告配信を行うことで、認知率の最大化を図る。これにより企業は、テレビCMのリアルタイムな効果検証と、効率的なWeb動画広告の配信を一度に実現することが期待できる。

【関連記事】
上戸彩がテレビCM出演秒数でトップ、松岡修造が上位に急浮上【2014年テレビCM出稿動向】
フリマアプリユーザーの62%が「メルカリ」を利用/きっかけはTVCM【MMD研究所調査】
サイバーエージェント、ネット広告情報サイト「CyberAgent AD.AGENCY」オープン
CA、スマートフォンにてアプリとウェブを横断したリターゲティング広告の配信を実現
ロックオン、テレビがWEBに与える影響を分析できる「TVメタデータ連携」をアドエビスに搭載

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/03/06 11:45 https://markezine.jp/article/detail/22082

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング