MarkeZine(マーケジン)

記事種別

フランス国鉄、SASのビッグデータ分析を活用して乗降客の行動分析

2015/03/12 12:00

 フランス国鉄(SNCF)の駅管理部門であるGares and Connexionsが、利用客のニーズに応えるための新しいプロジェクト「Project Magnolia」での分析に、SASのアナリティクス製品「Visual Analytics」「Visual Statistics」「Office Analytics」を活用する。

 フランス国鉄(SNCF)最大の事業部門であるGares and Connexionsは、乗降客の流れと安全性の改善を目指して、18万平方メートルの商業スペースで売上12億ユーロ(14億米ドル)におよぶ3000以上の駅の商業開発を担当。プロジェクトの第1段階では、駅を利用してバスやコーチ(長距離バス)、タクシー、バイクシェアリングなど他の交通手段へと乗り換える年間20億人の乗降客の流れを理解することを目的としている。

 プロジェクトを管理するDSI Voyageurs社は「この分析プロジェクトが、開発、プランニング、収益管理における不確実性を低減し、マーケティングや販売、駅の運営やROIにも好影響を与えてくれると期待している。予測分析はいずれ膨大な資産となるが、始めのうちは記述分析の改善に努める。多くの乗降客情報をはじめ、モバイル回線やWi-Fi接続のログ、ビデオなどの新しいデータを活用することで、サービスレベルのさらなる向上と駅のリアルタイム管理を実現させる」とコメントしている。

【関連記事】
JR東日本ウォータービジネス、自販機オペレーター約700名を組織化してビッグデータで売上向上
駅構内でも東急ハンズで買い物できる!東急ハンズが「バーチャル自販機」を設置
ヤフー、ツイートを解析して公式情報よりも早く電車の運行状況を伝える「遅延なう」機能を公開
タクシー配車サービス「LINE TAXI」、東京版リリース~日本交通と提携
交通系電子マネーの月間利用件数が1億1千万件を突破!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5