SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

全てのマーケターは戦略家であれ。今こそ売上に直結するマーケティング投資を!(PR)

CPA偏重のデジタルアド業界に斬り込む「プライベートマーケティングプラットフォーム/B→Dash」

 デジタル広告への投資が進む中、CPAの上下に一喜一憂し、施策の効果を評価するマーケター。これを抜本的に変え、さまざまな広告施策を、売上や収益、LTVと紐付けて正しいROI把握を自動で支援するのが、フロムスクラッチが提唱するマーケティングプラットフォームだ。その概念と、先日、VC複数社から資金調達を行い、注目が集まる同社が提供するプライベートマーケティングプラットフォーム「B→Dash」について、フロムスクラッチ代表取締役社長 安部泰洋氏に聞いた。

マーケターが知りたいのは「その施策はどれだけの売上をもたらしたのか」

MarkeZine編集部(以下、MZ):先日あるマーケターの方とお会いしたのですが、その方が「今、注目しているキーワードはマーケティングプラットフォーム」とおっしゃっていました。その言葉を聞いて、今年3月のMarkeZine Dayで、「CPA至上主義からの脱却」というテーマでのフロムスクラッチさんの講演を思い出しました。今回は改めて、プライベートマーケティングプラットフォームの概念と、その具体像である「B→Dash」について教えていただきたいと思っています。

株式会社フロムスクラッチ 代表取締役社長 安部泰洋氏

安部:この分野はキーワードがたくさんあって難しいですよね(苦笑)。そもそも「マーケティング」という用語自体、ソリューションベンダーが自社の製品に合わせて定義しているので、そこに注意を払う必要があるんです。たとえば、昨年から注目度が高まっている「マーケティングオートメーション」という言葉ですが、このキーワードを標ぼうしているベンダーの製品を見ると、マーケティング業務の一部を「マーケティング」としているんですよ。よくあるのが、「見込み顧客を集め、確度の高いリードを営業に渡す」ことをマーケティングと定義しているケースですね。これに対し、当社の「マーケティング」は広義のマーケティングです。

MZ:具体的には?

安部:マーケターが最も知りたいのは、「どの施策が収益につながっているか」を把握することです。3月のイベントでもお話ししましたが、マーケティング施策の金銭的な部分でいえば、多くのマーケターはCPA(Cost Per Acquisition:顧客獲得単価)を指標としています。しかし、それぞれの施策が売上や収益にどれだけ貢献したのか、ひいては各施策がどれだけの収益をもたらしたのか、それを把握することは困難です。

 弊社が語るマーケティングプラットフォームとは、「アドの選定やリサーチなど施策の入り口部分から、各施策のアトリビューションを明らかにし、最終的なLTV(Life Time Value:顧客生涯価値)や顧客管理まですべてを1つのプラットフォーム上でオートメーション化するもの」です。マーケターは、マーケティング施策の漠然とした“効果”ではなく、はっきりと売上に直結する施策を知りたい。そうすれば、「このリスティングキーワードにもっと投資をしよう」「この広告は止めよう」などの戦略が立てられます。

MZ:施策の貢献度について、LTVまで含めた形で把握できたら、マーケターの仕事は大きく変わりますね。

安部:そうなんです。しかし多くのマーケターは、売上や収益との相関関係を割り出すために、作業員になっているんですよね。本末転倒です。

プライベートマーケティングプラットフォーム:集客施策から販売促進、顧客管理までデータを一気通貫で一元管理し、それぞれの施策の収益インパクトを可視化するもの。また、「マーケティングオートメーション」「コンテンツマーケティング」「リードナーチャリング」「コンテンツレコメンド」等、マーケターが求めるマーケティングテクノロジー全てをAll in oneで実現するプラットフォーム。マーケティングにおける次の一手の再投資効率を最大化させるマーケティングテクノロジーツール「B→Dash」についての詳細は次回の記事で解説する。

「プライベートマーケティングプラットフォーム」とは

MZ:たとえば、個々のマーケティングツールやCRMなどを連携することで、顧客ごとのキャンペーンの反応やコンバージョン、売上額などを把握することは可能だと思うんですが、その点はいかがでしょうか。

安部:実際、そういう製品も多いですよね。マーケティング領域に進出してきた大手ITベンダーでさえ、自社製品を補完する他社のソリューションを買収して連携させ、「マーケティングプラットフォーム」といっています。しかし、そもそも「All in oneソリューションとして運用する」という前提で設計されていないため、運用段階になると、なかなか現場になじみにくいんですよ。それに、そもそも他のツール同士を連携させているため、時間や工数、手間はもちろん、コストも膨れ上がります。

 一方、当社の「B→Dash」は、初めからAll in oneソリューションで設計されているため、運用しやすく使い勝手もいい。同一プラットフォームでマーケターがやりたいことすべてが完結し、あちこちのマーケティングツールからデータを寄せ集める必要もありません。しかも、経営層やマーケター、現場担当者など、使う人の役職や役割によって、リテラシーも異なれば、見たいデータが異なるのは当然、と考えて設計していますので、あらゆる人にとって最も見やすく分かりやすいUIにカスタマイズできる利便性も備えています。それ故に企業・ユーザーの個別のニーズにも対応できます。だからこそ、B→Dashは「プライベート」マーケティングプラットフォームと位置付けているわけです。

 独立した1つのツールで、集客データからLTVデータまでを一気通貫して管理でき、なおかつ「マーケティングオートメーション」「コンテンツマーケティング」「リードナーチャリング」「コンテンツレコメンド」等、マーケターが求めるマーケティングテクノロジー全てをAll in oneで実現できるマーケティングプラットフォームは、今のところ、プライベートマーケティングプラットフォーム「B→Dash」だけです。

次のページ
なぜ今までマーケティングプラットフォームがなかったのか

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
全てのマーケターは戦略家であれ。今こそ売上に直結するマーケティング投資を!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

岩崎 史絵(イワサキ シエ)

リックテレコム、アットマーク・アイティ(現ITmedia)の編集記者を経てフリーに。最近はマーケティング分野の取材・執筆のほか、一般企業のオウンドメディア企画・編集やPR/広報支援なども行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/06/08 10:06 https://markezine.jp/article/detail/22335

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング