SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

バリューコマースとマスターカード、インバウンド向けBtoBマーケティング・サービスにおいて協働へ

 バリューコマースとMasterCardは、インバウンドビジネスを強化したい企業を対象にした、マーケティング・サービスの提供において協働することに合意した。2015年6月にサービスを開始する予定。

 昨今、政府の推進のもとに増加を続け、市場として好機を迎えているインバウンドビジネスにおいて、いかに海外からの顧客を取り込んで良好な関係を築き、ロイヤリティを高めるかが重要な課題となっている。本取り組みにより、バリューコマースを通じて同サービスに参加する広告主は、現状オンラインでのみ展開されている、ポイントなどの利用者優待特典付与サービスを、MasterCardのテクノロジーを使って、新たに実店舗を利用した海外からの消費者に向けて提供することが可能に。カスタマー・リレーションを強化することができる。

 また、MasterCardが昨年買収したオーストラリアの大手ロイヤルティ・リワード・サービスプロバイダーであるPinpoint Pty. Ltd.(ピンポイント社)が管理する海外の顧客に向け、同サービスに参加する広告主の情報を告知展開し、日本への送客を図ることが可能になる。海外の消費者は、日本において参加広告主の店舗で買い物をすると、所定のポイントを得ることができる。

【関連記事】
マイクロアド・インバウンド・マーケティング、日韓を繋ぐインバウンドソリューション提供へ
ガイアックス、イノーバとインバウンドマーケティング支援事業で協業
博報堂、日本を訪れる中国系観光客向けO2Oソリューション『CyberGO』共同開発
昭文社が訪日観光客向けブランド「DiGJAPAN!」スタート、SNS利用し外国人目線の情報を発信
楽天と横浜市、国内外の観光客誘致を目的に共同事業実施へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング