SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クックパッド、「子育て支援」サービスを拡大~ネットとリアル、双方での支援を実現へ

 クックパッドは、6月1日より、産婦人科を通してママ・ベビー向けのサービスを提供している日本テクトをクックパッドグループの一員として迎えると同時に、「クックパッド ベビー」のサービスを同社に移管し、クックパッド ベビーに社名変更してスタートさせた。2014年10月に事業譲受により取得した幼児向け知育アプリを運営するキッズスターとともに、「妊娠・出産・子育て支援」分野へのサービス拡充を加速させていく。

 2014年10月、クックパッドは「子育て支援」分野の事業を開始。2015年4月に譲り受けた「はっぴーママ.com」と統合し「クックパッド ベビー」として情報提供の分野でサービスを充実してきた。今回の日本テクトのグループ会社化により、産婦人科のベッドサイドでの情報提供サービス「MediPac(メディパック)ママ」、産まれたての写真がプレゼントされる「おぎゃー!写真館」などのサービスが加わることに。これによりインターネット上だけのサービスから、産婦人科という妊娠・出産にとってのリアルな場所での支援を実現していく。

【関連記事】
オーストラリア政府観光局、「食べログ」と「クックパッド」と連携~食文化を包括的に発信
クックパッドが「はっぴーママ.com」と「ベビー&ママ」を合体、「子育て支援」サービス更に拡充へ
クックパッド「特売情報」とニフティ「シュフモ」、メーカー向け広告商品の共同提供を開始
野村不動産アーバンネット、「子育て」と「住まい」を考えるサイト「ノムコムwith Kids」開設
妊活・子育て期の女性の7割が、相談相手とのコミュニケーションに「LINE」を活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/06/02 12:30 https://markezine.jp/article/detail/22541

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング