SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

コードアワード2015の受賞作品が決定! グランプリは「ヤフートレンドコースター」

 D2Cは、総合的なデジタル広告・マーケティングのアワード「コードアワード2015」にて、ファイナリスト27作品から受賞作品全13作品を決定した。グランプリは「ヤフートレンドコースター」(ヤフー)、一般投票によるパブリックベストは「フリー素材アイドル」(スタッフアップ)が受賞した。

ヤフートレンドコースター(上)、フリー素材アイドル(下)
ヤフートレンドコースター(上)、フリー素材アイドル(下)

 グランプリを受賞した「ヤフートレンドコースター」は、リアルタイム検索したキーワードのSNSなどでのシェア数の推移をジェットコースターのコースとして生成、バーチャル・リアリティで体験できる新感覚のアトラクション。ビッグデータを可視化するだけではなく、データそのものを体感できるという点が、インターネットの未来のあるひとつの形を示していると評価され、今回のグランプリの獲得に至った。なお、グランプリ以外の各賞は、それぞれ下記の結果となった。

 ベスト・イフェクティブ:「TRUE LOVE TESTER」(ベリグリ)
 ベスト・イノベーション:「フリー素材アイドル」(スタッフアップ)
 ベスト・キャンペーン:「minikuLOVE ~元カレBOX・元カノBOX~」(寺田倉庫)
 ベスト・クラフト:「DRAWING PRE-VISUALIZATION / HONDA + OK GO: IWONTLETYOUDOWN.COM」(本田技研工業)

【関連記事】
デジタル広告・マーケティングの優秀事例決める「コードアワード2015」、ファイナリスト作品選出
「コードアワード2015」開催~賞構成、審査委員の顔ぶれ新たに
アドテク業界の拡大を支える優秀クリエイターが集結!「クリエイターズマッチアワード2014」
「Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2014」受賞作品発表!
ヤフー、クリエイティブアワード&ヨルパネ!ノミネート作品を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/06/12 09:00 https://markezine.jp/article/detail/22595

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング