SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第66号(2021年6月号)
特集「SNSプラットフォーム徹底解剖」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「駅すぱあと」運営のヴァル研究所、駅の属性をデータ化した「駅ゲノム」の提供を開始

 「駅すぱあと」を運営するヴァル研究所は、ジオロジックが提供するエリアマーケティングのための地理情報データベース「ジオゲノム」を元に、全国の鉄道駅の属性をまとめたデータ「駅ゲノム」の販売を開始する。

 駅ゲノムは、同社の持つ駅情報と「ジオゲノム」の情報を組み合わせて分析し、各駅にどのような利用者がいるのかを提供するもの。「子育てマイホーム」「中高年ファミリーの持ち家高級住宅街」など36のクラスターが割り当てられた住所から、2km圏内の駅を算出。最寄駅と定義し、全国の駅に対してクラスターを割り当てている。

 駅ゲノムを活用することで、「ファミリー向けの交通広告を出すならどの駅がよいか」「A駅の店舗にはどのような商品を仕入れればよいか」などの、エリアプロモーション活動や仕入れ戦略が容易になる。

【関連記事】
ウエディングパーク、結婚式場探しに特化したデータ分析プラットフォーム「DAP」サービス開始
カカクコム、フリマアプリ「フリマノ」リリース~「価格.com」の商品データベースと連携
地域の食文化を反映した商品開発を支援!クックパッド、「たべみる」の県別データ提供へ
マーベリックと読売ISが業務提携、エリアマーケティングデータ活用した新聞折込広告商品を開発
ビッグ・データを実際に活用している日本企業はわずか6%【ガートナー調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング