MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「駅すぱあと」運営のヴァル研究所、駅の属性をデータ化した「駅ゲノム」の提供を開始

2015/06/23 13:00

 「駅すぱあと」を運営するヴァル研究所は、ジオロジックが提供するエリアマーケティングのための地理情報データベース「ジオゲノム」を元に、全国の鉄道駅の属性をまとめたデータ「駅ゲノム」の販売を開始する。

 駅ゲノムは、同社の持つ駅情報と「ジオゲノム」の情報を組み合わせて分析し、各駅にどのような利用者がいるのかを提供するもの。「子育てマイホーム」「中高年ファミリーの持ち家高級住宅街」など36のクラスターが割り当てられた住所から、2km圏内の駅を算出。最寄駅と定義し、全国の駅に対してクラスターを割り当てている。

 駅ゲノムを活用することで、「ファミリー向けの交通広告を出すならどの駅がよいか」「A駅の店舗にはどのような商品を仕入れればよいか」などの、エリアプロモーション活動や仕入れ戦略が容易になる。

【関連記事】
ウエディングパーク、結婚式場探しに特化したデータ分析プラットフォーム「DAP」サービス開始
カカクコム、フリマアプリ「フリマノ」リリース~「価格.com」の商品データベースと連携
地域の食文化を反映した商品開発を支援!クックパッド、「たべみる」の県別データ提供へ
マーベリックと読売ISが業務提携、エリアマーケティングデータ活用した新聞折込広告商品を開発
ビッグ・データを実際に活用している日本企業はわずか6%【ガートナー調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5