SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ネットで処方薬について調べる人、半数を超える 【薬と病院1000人調査】

 「gooリサーチ」を提供するNTTレゾナントと、総合情報サイト「All About」を運営するオールアバウトは、「薬と病院についてのアンケート」を実施し、1,111名(男性50.1%、女性49.9%)から有効回答を得た。今回の調査では、「かかりつけの病院や医師(かかりつけ医)」がいる人といない人で、どのように情報に対する意識や行動が異なるかに重点を置いて分析されている。

 まず、「かかりつけ医がいるか」について尋ねたところ、「ある」と回答した人が42.4%。一方、今はないが今後ほしいと考えている人も多く、48.6%と約半数を占めている。また、かかりつけ医から処方箋を受けたことがある人の30.4%が「医師によく相談したり説明を求めたりする」と答え、「たまに相談したり説明を求めたりする」という人も46.2%に達することから、かかりつけ医のある人は医師とのコミュニケーションに積極的だと言えそうだ。

 かかりつけ医への薬の相談内容を尋ねたところ、「服用方法について」47.8%、「薬の飲み合わせ」47.2%、「副作用について」36.2%となっており、ジェネリック医薬品や漢方薬などの処方を相談する人はまだ少ないことがうかがえる。また、医師に相談したり、説明を受けることで、57.4%の人が「納得した」と回答し、「まぁ納得した」の41.1%とあわせると、98.5%という圧倒的多数が医師の説明に満足していることがわかった。

 また、かかりつけ薬局について、「よく行く保険薬局は何箇所あるか」という質問については、かかりつけ医のある人は、「保険薬局を1か所に決めている」という人が45.0%と多い一方、かかりつけ医がない人は15.0%にとどまった。さらに、「処方された薬について自分で調べたことがあるか」という質問については、「インターネット(パソコン)」で調べるという人が圧倒的に多く、かかりつけ医がある人では62.4%、かかりつけ医がいない人でも50.9%に達している。

【関連リンク】
プレスリリース:「【オールアバウト・gooリサーチ共同】薬と病院1000人調査」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/12/07 13:21 https://markezine.jp/article/detail/2289

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング