SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アイレップ、「コンテンツマーケティング総合研究所」を設立~ナレッジ開発と人材育成目指す

 アイレップは、コンテンツマーケティングやオウンドメディア運営に関する知見の蓄積や新たなメソッド開発、人材育成と品質評価方法確立を目的とした「コンテンツマーケティング総合研究所」を設立する。初代所長には元「ギズモード・ジャパン」編集長の大野恭希氏を迎え、研究所発足の第一歩として編集部機能を強化する。

 コンテンツマーケティングは注目を集める一方で、自社リソースによる良質なコンテンツ継続制作の難しさと、アウトソーシング依頼がもたらす自社でのナレッジ非蓄積、オウンドメディア運営に関わるプロセスの複雑化など課題が山積している。同研究所は、オウンドメディア運営に関する全工程にまたがるナレッジの開発とそれらを担う人材育成の支援により、広告主が抱える課題の解決を目指す。

【関連記事】
デジタルガレージとウィルゲート、コンテンツマーケティング支援事業で協業へ
コンテンツマーケティングの課題は「効果を図る指標がない」【グルーバー調査】
課題は「コンテンツの継続性」と「集客・リーチ」【オウンドメディア活用実態調査2015】
アイレップ、オウンドメディア向け運用型SEO「コンテンツオプティマイザー」提供開始
アイレップ、Twitterのアプリプロモーション広告「Mobile App Promotion」を取り扱い開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/09/01 10:00 https://markezine.jp/article/detail/23020

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング