SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スマホユーザーの80%が動画サービスを利用/米国ではNetflix等SVODが定着【ニールセン調査】

 ニールセンは、スマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)」、および、PC版インターネット視聴率情報「Nielsen NetView(ニールセン・ネットビュー)」のデータをもとに、動画サービスの利用状況に関する最新動向を発表した。

日米ともにYouTubeを利用、米国ではSVODも定着

 ニールセンが独自に分類する「ビデオと映画」カテゴリにおいて、日本と米国のPCおよびスマートフォンからの利用状況比較したところ、各デバイスからの利用率は日米ともに、PCで約55%、スマートフォンで約80%と、デバイスごとでの大差は見られなかった。1人あたりの利用時間では、PCでは米国が日本よりも1時間程度長くなっていたが、スマートフォンでは大きな差はなかった。

日本と米国の「ビデオと映画」カテゴリの利用状況 PC vs. スマートフォン(2015年8月)
日本と米国の「ビデオと映画」カテゴリの利用状況 PC vs. スマートフォン(2015年8月)

 次に、サービス利用者数のランキングをみると、日米ともにPC・スマートフォンで「YouTube」が1位だった。また、2位と比較すると2倍以上の差があることがわかった。1人あたりの利用時間の上位サービスでも「YouTube」の利用時間が長くなっているが、PCの場合日本では「ニコニコ動画」が1位となった。米国ではPC、スマートフォンともに定額制のストリーミング動画視聴サービス(Subscription based Video On Demand:SVOD)である「Netflix」や「Hulu」の視聴が根付いている特徴がみられた。

「ビデオと映画」カテゴリサービスのランキング(2015年8月)
「ビデオと映画」カテゴリサービスのランキング(2015年8月)

「Netflix」と「YouTube」で利用時間のピーク異なる

 「YouTube」について、スマートフォンアプリからの利用時間シェアを時間帯別にみると、全体的に朝から夜に向かい利用時間割合が伸びていた。なお、利用時間のピークは日本では21時台、米国では20時台の結果となった。帰宅後いわゆるゴールデンタイムにスマートフォンで「YouTube」をみていると想定される。また、日本では朝7時~9時にも山ができており、朝の通勤通学の時間帯によく使われている特徴が見られた。

日本と米国の「YouTube」アプリ 1日の時間帯別利用時間シェア(2015年5月~7月平均)
日本と米国の「YouTube」アプリ 1日の時間帯別利用時間シェア(2015年5月~7月平均)

 米国における「Netflix」と「YouTube」のスマートフォンアプリからの利用時間シェアを時間帯別にみると、「Netflix」は午前8時から13時までいくつかピークを作り、22時に最も高いピークを迎えていた。一方、「YouTube」のピークは20時と、「Netflix」と「YouTube」では利用する時間帯のピークが異なっていることがわかった。

米国の「Netflix」アプリ 1日の時間帯別利用時間シェア(2015年5月~7月平均)
米国の「Netflix」アプリ 1日の時間帯別利用時間シェア(2015年5月~7月平均)

 同社のシニアアナリスト今田智仁氏は、今回の結果について「生活者はその時々に応じてTVやデジタルデバイスも使い分けて動画を見ていると考えられます。企業はデバイスやサービスだけに注目するのではなく、どういったシチュエーションの時に、どのサービスを、どのスクリーンで、どの時間帯に、どれ位の時間を消費しているのか、といった生活者の行動を理解し、コミュニケーションプランを考えていくことが重要となるでしょう。」と述べている。

【関連記事】
Amazon、動画配信サービス「プライム・ビデオ」9月スタート~プライム会員は追加料金なし
テレ朝とKDDIが業務提携、スマホ動画コンテンツの企画立案に通信キャリアのビッグデータ活用
SBが米Netflixと業務提携、サービス取扱いに加えオリジナルコンテンツの共同制作を検討
若年層の認知度高い「Netflix」/動画配信サービスを利用するきっかけとは【ジャストシステム調査】
過去10年間でYouTubeで最も話題になったミュージックビデオは?日本はAKB48がトップに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/09/30 10:00 https://markezine.jp/article/detail/23156

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング