SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第100号(2024年4月号)
特集「24社に聞く、経営構想におけるマーケティング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

朝食にスリル満点のバーチャルリアリティ体験を! ケロッグの“VRヘッドセットになる”パッケージ


 「若年層を振り向かせたい」というのは、どうやら世界共通のようです。ケロッグは若者のコーンフレーク離れを防ぐために、パッケージにユニークな仕掛けを施しました。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日更新です。

キャンペーン概要

 時期:2015年
 国名:ニュージーランド
 企業/ブランド:Kellogg’s
 業種:食品

朝食と一緒にスリリングな体験はいかが?

 昨今、消費量が減少傾向にあるというシリアル。朝食の王道とも言うべき圧倒的な存在感を示していたシリアルを、今一度若者世代に訴求するために、Kellogg’sのシリアルブランド「Nutri-Grain」は、ニュージーランドで、VRヘッドセットを制作できるシリアルボックスをリリースしました。

 近年急速に注目を集めているVRヘッドセットは、セット越しに見える映像が、まるで現実の世界で起こっているかのように感じることができるというもので、バーチャルな世界をリアルに体験することができるツールとして人気を集めており、Occulus lift、Morpheus、FOVE、Gear VR、Google Cardboardなど様々なハードが登場しています。

(Image by 123RF)

 今回、Kellogg’sはこの人気VRヘッドセットを手軽に作ることができるシリアル箱をリリースすることで、若者層に“シリアルを食べながら、バーチャルリアリティー体験ができる朝食”を提案しています。

 VRヘッドセットを制作するために必要なのは、Kellogg’sのシリアルボックスとハサミとバターナイフとセロテープ。

 まず、箱を開き、点線部分に折り目をつけ、実線に沿ってハサミで切り取ります。

 次に、部分的にくりぬき、テープを使って組み立てます。

 最後に、付属のレンズを組み込んで、できあがり。あとは専用アプリをダウンロードして、自分のスマートフォンをセットするだけ。

 装着すればスカイダイビング、スノーボード、オフロードバイキングの映像を360度ビューで楽しむことができ、スリル満点の朝食を楽しめるというものです。

 消費者をユーザーにすることでブランドへの関与をより強くすることを狙った、マーケティングトレンドを取り入れたアイディアでした。

動画はこちら

 

先週の紹介キャンペーン

 「真似された? そりゃ光栄だ!」盗作疑惑のライバルを逆手に取った、シンガポールLCCの凄いPR

 記事転載元:AdGang

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 健介(株式会社PR TIMES)(ヤマダケンスケ (PR TIMES))

著者Twitter著者Facebook●About / PR TIMES Inc ・プレスリリース配信サービス「PR TIMES」の運営 ・ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」の運営 ・WEBクリッピングサービスの提供●About / Vector Group コアバリューである「モノを広める」スキルを通じて、企業・消費者の皆様をマッチしたサービスを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/03/11 20:30 https://markezine.jp/article/detail/23194

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング