SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、インティメート・マージャー及びデータアーティストと協業し「Dentsu.io」の機能を拡張

 電通は、インティメート・マージャーおよび、データアーティストと協業。データ解析プラットフォーム「Dentsu.io(電通アイ・オー)」の機能を拡張し、新たに潜在顧客の発見から顧客化・育成までをワンストップで実現できるようにした。

 同サービスは2014年11月に米Treasure Dataおよびクラスメソッドと協業したことにより提供を開始したもの。これまで、電通オリジナルデータやクライアント保有のログデータを分析・可視化することで、見込顧客に対する販促活動フェーズでクライアント企業に貢献してきた。

 一方、新型の「Dentsu.io」では、メディア/広告データ、パネルデータ、自社サイト来訪者属性データ等、多様なデータが取り込めるデータプラットフォームとしての機能を大幅に拡充。需要の掘り起こしから目標達成までシームレスに対応する。

 今後、電通と協業企業4社は、新型「Dentsu.io」を提供し、一気通貫の高速マーケティングを支援するとともに、顧客企業が抱えるマーケティング・コミュニケーション課題に継続的に応えていけるソリューションの開発を進める。

【関連記事】
電通、高速PDCAを実現するデータ解析プラットフォーム「Dentsu.io」リリース
電通ブルー、Instagramのビッグデータを活用した「#ハッシュタグコンサルティング」を開始
データアーティスト、TVに関するビッグデータを収集・分析できるツール「コトモノ」提供
インティメート・マージャー、企業のDMP活用を支援する「データドリブンソリューション」リリース
電通、テレビ×デジタル広告出稿最適化ツールを開発、クロスメディア出稿ニーズに対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/10/07 09:00 https://markezine.jp/article/detail/23198

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング