SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google Analyticsのグラフ比較機能とトラッキングコード用のJavaScriptをリリース

 Googleは12月14日、「Google Analytics日本版公式ブログ」で、複数のグラフデータの表示機能とトラッキングコード用のJavaScriptを公開したことを発表した。

 複数のグラフを比較表示する機能は「グラフモード」という名称で、現在ベータ版。同ブログでは、AdWordsキャンペーンのトラフィックの推移をサイト全体のトラフィックの推移と比較するなど、さまざまな活用が可能だとしている。

「マイレポート」画面の一番上に表示されているグラフの右上にある
「▼」をクリックすると、グラフモードの設定画面が表示される。
※画像は公式ブログより転載。

 また、新しいトラッキングコードのJavaScript ファイル「ga.js」は、今後提供を予定しているGoogle Analyticsの様々な新機能に対応しており、eコマースのトラッキング設定やSSLコンテンツ用のカスタマイズが容易になるという。

【関連リンク】
「[グラフの複数データ表示機能] と [新しいトラッキングコード用の JavaScript ] をリリースしました」(Google Analytics日本版公式ブログ)
Google Analytics、2つのグラフを比較表示する新機能を提供
Google Analyticsで、新機能「サイト検索」が利用可能に
JavaScriptを利用してGoogle Analyticsを賢く活用する
「Google Analytics」、サイト内検索のトラッキングを含む3つの新機能を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/12/17 12:03 https://markezine.jp/article/detail/2344

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング