SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

フェイスブック 日本代表の長谷川氏が語る、2016年のロードマップと日本における3つの注力領域

 グローバルでのユーザー数は15億人を超えるFacebook。日本における月間アクティブ利用者数(以下、MAU)は約2,500万人、そのうちの64%が毎日利用していることから、Facebookが生活の一部になっている人も少なくない。

 「Facebookへのモバイルアクセスは92%にのぼり、また1日の動画再生のモバイル比率は9割に届いています。これらの数値からユーザーが完全にスマホシフトしていることが伺えます。一方、Instagramの国内におけるMAUは前年比2倍の810万人に。日本のマーケットでも浸透してきたという手ごたえを感じています」と、今年10月にFacebook Japanの代表取締役に就任した長谷川晋氏はFacebookとInstagramの現状について語る。

Instagram風に、写真をメインに行われた長谷川氏の自己紹介では、
虎の着ぐるみを着た秘蔵写真も紹介されました◎
Facebook Japan 代表取締役 長谷川晋氏
京都大学経済学部卒。消費財メーカー、プロクター・アンド・ギャンブルで10年間ブランドおよびビジネスのマネジメントに従事。その後、楽天株式会社で上級執行役員としてグローバルおよび国内のマーケティングを管掌。

Facebook Japanの代表に就任した理由

 長谷川氏は、Facebookの日本代表に就任した経緯について「Facebookが掲げる、会社としてのミッション・ビジョンに共感して入社を決めた」と言う。

 「Facebookのミッションは、世界をよりオープンで繋がったものにすること。そうすることで、より世の中が良くなると真剣に信じている会社です。またFacebookが描く、インターネット上のコミュニケーションの移り変わりとビジョン、それに対するアクションについても、非常に面白いと思いました。そして『THIS JOURNEY 1% FINISHED(まだ旅は1%しか終わっていない)』という考え方に基づく、会社のステージ。大きなアップサイドポテンシャルを秘めているものの、グローバルでも日本でも、皆様のベストパートナーになるまでの道のりはまだまだ遠い。これらが面白いと思ったことが、Facebookへの入社を決め手でした」

2016年のロードマップ/日本における3つの注力領域

 そして2016年のFacebookとしての方向性、それを受けてFacebook Japanとしての注力領域について発表された。

 「我々の基幹サービスであるFacebookを改善していくことは当然ですが、加えてFacebook傘下のサービス(Instagram/Groups/WhatsApp/Messenger等)にも注力していきます。グローバルでInstagramは4億人、Groupsは9.25億人、WhatsAppは9億人、Messengerは7億人のMAUを抱えていますが、ユーザーがそれぞれのサービスを使用する時のマインドは異なります。Facebookだけでなく、人と人とのコミュニケーションはいろんなやり方があるので、その時々のコミュニケーション方法に合ったサービスをきちんと提供していくことで、より多くの人をつないでいきたい。またバーチャルリアリティの領域は、我々としても非常に重視しています。来年あたりから、おそらく会社として注力していく領域でしょう」

 「一方で日本における2016年のビジョンは、大きく3点ほどあります。まずはFacebookとInstagramのオーディエンスネットワーク。先日、Supershipとの連携を発表しましたが、9割超を誇るFacebookのターゲティング精度の高さを利用し、日本で一般的に浸透しているアプリの中で、ユーザーの属性・興味関心に合う広告を出せるようになりました。2016年は、この動きがどんどん加速していくでしょう。

 次に、日本における経済・雇用の大部分を担っている中小企業の販促・マーケティングを支援していきたい。ここは会社としても非常に重きを置いています。中小企業であっても、グローバルに向けて自分たちのサービスを発信し、売り込んでいくプラットフォームにFacebookはなり得るはずです。

 そして最後は、モバイルにおけるクリエイティブの問題。Facebookにはクリエイティブの専門チームがあるように、我々はここに非常に力を入れています。質の悪いクリエイティブはユーザー離れにつながり、またFacebook広告で結果を出すためにも、ユーザーの心にしっかりと響くクリエイティブでなくてはいけません。過去3年間でオフィスの人員は約5倍になりましたが、日本においてはまだまだこれから。スピード感を持って取り組んでいきたいですね」

【関連記事】
FacebookとSupership、オーディエンスネットワーク拡大に向けてパートナー契約を締結
Facebook広告のCTR、前年比より35%増加【Adobe調査】
Facebook、動画広告の新機能「スライドショー」リリース~制作工数軽減とファイルサイズ縮小へ
メッセージングアプリはFacebookが世界を掌握、アジアでは地域発のアプリが人気
フェイスブック ジャパンの代表取締役に元楽天上級執行役員の長谷川晋氏が就任

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング