MarkeZine(マーケジン)

記事種別

データアーティスト、『ビッグデータに基づく今年の流通ワード』を発表~総合1位はリオ五輪

2015/12/15 12:30

 データアーティストは、2015年版『ビッグデータに基づく今年の流通ワード』ランキングを発表した。同ランキングは消費者行動に強く影響を与えるテレビに着目し、そこで放送された情報のビッグデータ(※1)を元に、日本で実際に流通したキーワード『流通ワード』を集計、発表したもの。なお、順位はテレビに取り上げられた番組数が昨年と比較しどれだけ伸びたかを基に計算をしているため、毎年出てくる一般語ではなく、今年らしさを反映した流通ワードが選出されている(※2)。

総合ランキングのインフォグラフィックス
総合ランキングのインフォグラフィックス

 また、ランキングは総合ランキングと、ジャンル別の人物ランキングが公開されている。

話題になった人物ランキング(上)、出演数ランキング(下)
※クリックで拡大します

※1:テレビで放送された情報のビッグデータは株式会社ワイヤーアクションのテレビメタデータを使用。
※2:番組数を集計するための前処理として、事件や事故にまつわる情報は除外されている。

【関連記事】
データアーティスト等、『モデルプレス』と連携した コンテンツ配信プラットフォームの構築へ
電通、インティメート・マージャー及びデータアーティストと協業し「Dentsu.io」の機能を拡張
データアーティスト、TVに関するビッグデータを収集・分析できるツール「コトモノ」提供
2015年、動画広告市場は500億円規模へ~昨年対比約160%【サイバーエージェント調査】
LPO市場規模、2015年以降も年間130%程度の成長か【クロスフィニティ調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5