SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通ベンチャーズ、家庭で分子レベルバイオデータの分析可能にする米キュー社に出資

 電通が運用する電通ベンチャーズ1号グローバルファンド(以下、電通ベンチャーズ)は、家庭で分子レベルのバイオデータの分析を可能にするヘルスケア・ソリューション「Cue」(キュー)を開発する米国のCue Inc.(以下、キュー社)に出資した。

 キュー社は、家庭で分子レベルのヘルスケアデータの分析を簡易に行える箱型のハードウェアと診断カートリッジ、データの分析結果を管理できるスマートフォン向けのアプリケーションを開発している。

 唾液や血液、粘膜などの少量のサンプルを採取し、検査内容によって色分けされたカートリッジを箱型のハードウェアに差し込むことで、ビタミンD、インフルエンザ、妊娠適性などの分析を手軽に行える。今後、各国当局の承認を受け、欧州や香港では2016年中頃、米国では2016年中、日本では2017年の発売を目指している。

【関連記事】
電通、スマートテレビ事業を推進するHAROiDへ出資~テレビ体験価値にイノベーションを
電通デジタル・ホールディングス、音楽ストリーミングサービスのSpotifyへ出資
リクルート、汎用機械学習プラットフォーム提供する米DataRobotへ出資および、AI研究で業務提携
サイバーエージェントとテレビ朝日、共同出資により新会社2社設立へ
楽天、ライドシェアの「Lyft」に3億ドル出資

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/12/28 08:00 https://markezine.jp/article/detail/23677

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング