SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

データ活用の高度化を考える(PR)

「マーケティングに使えるデータ」はメディアデータ以外に何がある? 活用事例から考える

通信キャリアのデータの使い方

 スマートフォンに特化したデータとして最近よく用いられているのが、通信キャリアのデータです。通信キャリアはスマートフォンに関連した幅広いデータを保有しています。例えば自社で会員情報に紐付いた年齢や性別の情報や、アンケートをベースにした属性情報、他にもキャリア課金の決済情報などがあります。

 徐々にスマートフォンからのアクセス比率があがってきていることやスマートフォン上でのコンバージョン数が増えていることから、通信キャリアのデータの重要性は高まってくると考えられます。ただし、単一キャリアのデータだけでは人口のカバー率が一定量までしかいかないため、複数キャリアが持つデータを活用してマーケティングを行うことが重要になると考えられます。

さらにターゲティングを高度化するデータ

 現在活用されているデータの多くは、Webサイトから得られた情報やWeb上の会員サイトのデータをもとにDSPやアドネットーワーク、Webページを最適化するといったオンラインに閉じた活用方法が多いです。オンライン上のマーケティングツールに比較して、オフラインのマーケティングツールではデータを用いた最適化があまりされていません。見方を変えれば最適化の余地が大きいと言えます。

 そのため、今後はオンラインで得られたデータの中からオフラインのマーケティングツールを最適化できるようなデータの作成にニーズが高まると考えています。また、オフラインで打ったマーケティング施策の結果をオンラインで受け取り、さらにPDCAを回すためにデータを用いるなど、オンラインにとどまらないデータの利活用が広がっていくと考えています。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
データ活用の高度化を考える連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

簗島 亮次(ヤナシマ リョウジ)

株式会社インティメート・マージャー代表取締役社長。 慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科を2010年首席で卒業。 2013年、Googleのレイ・カーツワイル氏が2020年に起きると予測した「あらゆるデータがひとつに統合される」という革命を冠した株式会社インティメート・マージャーを創業し、2019...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/01/19 10:00 https://markezine.jp/article/detail/23687

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング