SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

メルカリ、住所・名前を相手に伝えず配送できる「匿名配送サービス」を全ユーザーに提供開始

 フリマアプリ「メルカリ」を運営するメルカリは、2015年9月より試験運用していた「らくらくメルカリ便」匿名配送サービスの提供を、全ての利用者に対して開始した。

配送ラベルのイメージ
配送ラベルのイメージ

 匿名配送サービスは、メルカリとヤマト運輸が住所等のデータを連携することで、送り状に出品者と購入者のお互いの住所が記載されていなくても荷物を送ることできるもの。商品の配送方法として「らくらくメルカリ便」を選択するだけで、同サービスの利用が可能。

 同社では「見ず知らずの人に住所を伝えるのが不安」という匿名配送の要望を受け、昨年9月から一部の利用者に対して試験運用期間を開始。対応の準備が整ったため、今回全てのユーザーに対してサービスを提供するに至った。なお、現在「らくらくメルカリ便」の受付はヤマト運輸直営店のみだが、ヤマト運輸セールスドライバーによる集荷と、コンビニエンスストアでの発送の受け付けにも順次対応予定。

【関連記事】
BASE、メルカリを引受先とした最大4.5億円の第三者割当増資を実施
2015年スマホアプリ利用者数1位は「LINE」/「メルカリ」利用者は3倍に【ニールセン調査】
メルカリとヤマト運輸、フリマ出品を手軽にする新サービスを開始。「匿名配送」も視野に
minneとヤマト運輸、ハンドメイド作品の販売・購入をしやすい環境の構築目指す
Fablic×ヤマト運輸、フリマアプリ「フリル」で補償サービス付きの配送サービスを9月より開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/01/19 08:00 https://markezine.jp/article/detail/23759

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング