SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

美人広報さんいらっしゃい☆

【美人広報】Skypeの敏腕マーケターに突撃!


MarkeZine編集部×ジェット☆ダイスケの動画コーナー。今回はSkype社のマーケティング/広報として活躍する清水さんの元を訪ねました!

今回ご登場をいただいたのは…
清水 麻遊さん
多国語でのWebサイト制作、DTP、英和・和英の翻訳、マーケティングを国内外の制作会社・フリーランスで経験した後、現在Skype Technologies, S.A.勤務。Webサイト運営、Skype日本語ブログ、マーケティング、ローカリゼーション、デザインなどを担当。東京在住。

Skypeの敏腕マーケターが登場

 「世界中どこへでも無料コールができる無料のソフトウェア」として有名なSkype。最近の動きとしては、エキサイト社との提携が記憶に新しい(参考:エキサイト、ライブドアに代わってSkypeと業務提携)。少数精鋭部隊のSkype社に勤務する清水さんの登場です。まずは、下記の動画をどうぞ!

一人三役?の仕事をこなす!

Skypeで働きはじめたきっかけや、仕事術について詳しく聞きました。

─ Skypeで働きはじめたきっかけを教えてください。

 もともとは、フリーランスでWebディレクションやデザインの仕事をやっていました。その中で、たまたま、あるパーティーに参加したのがきっかけでSkype社に入社しました。

─ 主な業務を教えてください。

 基本的な業務としては、マーケティング業務全般です。ただ、少人数なので、ローカライズ作業、デザイン、Skypeに関するニュースのクリッピングなどなど、一人三役ぐらいこなしている感じでしょうか(笑)。

─ 一人三役ですか!すごいですね。

 個人的に、新しいことにチャレンジすることが好きなので、楽しんで仕事をしています。もともとフリーで仕事をしていたので、その感覚とあまり変わらない感じですね。朝は、自宅で作業して、お昼ぐらいから出社する感じです。だいたい3時~4時ぐらいになるとヨーロッパの社員が起きてくるので、チャットなどでミーティングをしてますね。

Skype日本支社のオフィス風景。こんなオフィスで働いてみたいと思いませんか?

─ マーケティング/広報の方はみなさんお忙しいと思うのですが、仕事で心がけていることがあれば教えてもらえますか。

 秘訣ですか…、そうですね、基本的なことですが、綿密にコミュニケーションをとることでしょうか。仕事の内容にもよりますが、メールだけで終わらせず、電話をしたり、会いに行ったりするようにしています。例えば、目の前で相手にちゃんと伝えると、仕事が格段にスムーズになったりする瞬間があるじゃないですか。Skypeのようなコミュニケーションツールは確かに便利ですが、Face to Faceで伝えることは忘れないようにしていますね。

とさらっと答える清水さん。今後も、色々なマーケティングプランを考えているようです。詳しくは下記の動画に!

 一方通行的ではなく、自然発生的に盛り上がるマーケティングを心がけている清水さんは、クチコミマーケティングの草分け的存在である、ONEDARI BOYSのはじめてのクライアントだったりします。敏腕マーケターは、次は何をしかけるのか、今後の活躍も楽しみです!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
美人広報さんいらっしゃい☆連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

ジェット☆ダイスケ(ジェット ダイスケ)

ビデオブロガー/アーティスト 大阪芸大在学中の90年代より映像作家として活動開始。ライフワークとして動画のネット配信に携わりながら、幅広い分野でデザイナーとしても活動。近年では「ドロンくん」などCGキャラの造形にも精力的に取り組む。企画から撮影編集はもちろん、出演や音楽までをも一人でこなすマルチプレイヤー。ビデオブログに特化した独自の映像編集スタイルは「ジェットカット」と呼ばれ、フォロワーも生んでいる。 ブログ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/01/10 20:20 https://markezine.jp/article/detail/2378

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング