MarkeZine(マーケジン)

記事種別

【美人広報】Skypeの敏腕マーケターに突撃!

2007/12/21 10:00

MarkeZine編集部×ジェット☆ダイスケの動画コーナー。今回はSkype社のマーケティング/広報として活躍する清水さんの元を訪ねました!

今回ご登場をいただいたのは…
清水 麻遊さん
多国語でのWebサイト制作、DTP、英和・和英の翻訳、マーケティングを国内外の制作会社・フリーランスで経験した後、現在Skype Technologies, S.A.勤務。Webサイト運営、Skype日本語ブログ、マーケティング、ローカリゼーション、デザインなどを担当。東京在住。

Skypeの敏腕マーケターが登場

 「世界中どこへでも無料コールができる無料のソフトウェア」として有名なSkype。最近の動きとしては、エキサイト社との提携が記憶に新しい(参考:エキサイト、ライブドアに代わってSkypeと業務提携)。少数精鋭部隊のSkype社に勤務する清水さんの登場です。まずは、下記の動画をどうぞ!

一人三役?の仕事をこなす!

Skypeで働きはじめたきっかけや、仕事術について詳しく聞きました。

─ Skypeで働きはじめたきっかけを教えてください。

 もともとは、フリーランスでWebディレクションやデザインの仕事をやっていました。その中で、たまたま、あるパーティーに参加したのがきっかけでSkype社に入社しました。

─ 主な業務を教えてください。

 基本的な業務としては、マーケティング業務全般です。ただ、少人数なので、ローカライズ作業、デザイン、Skypeに関するニュースのクリッピングなどなど、一人三役ぐらいこなしている感じでしょうか(笑)。

─ 一人三役ですか!すごいですね。

 個人的に、新しいことにチャレンジすることが好きなので、楽しんで仕事をしています。もともとフリーで仕事をしていたので、その感覚とあまり変わらない感じですね。朝は、自宅で作業して、お昼ぐらいから出社する感じです。だいたい3時~4時ぐらいになるとヨーロッパの社員が起きてくるので、チャットなどでミーティングをしてますね。

Skype日本支社のオフィス風景。こんなオフィスで働いてみたいと思いませんか?

─ マーケティング/広報の方はみなさんお忙しいと思うのですが、仕事で心がけていることがあれば教えてもらえますか。

 秘訣ですか…、そうですね、基本的なことですが、綿密にコミュニケーションをとることでしょうか。仕事の内容にもよりますが、メールだけで終わらせず、電話をしたり、会いに行ったりするようにしています。例えば、目の前で相手にちゃんと伝えると、仕事が格段にスムーズになったりする瞬間があるじゃないですか。Skypeのようなコミュニケーションツールは確かに便利ですが、Face to Faceで伝えることは忘れないようにしていますね。

とさらっと答える清水さん。今後も、色々なマーケティングプランを考えているようです。詳しくは下記の動画に!

 一方通行的ではなく、自然発生的に盛り上がるマーケティングを心がけている清水さんは、クチコミマーケティングの草分け的存在である、ONEDARI BOYSのはじめてのクライアントだったりします。敏腕マーケターは、次は何をしかけるのか、今後の活躍も楽しみです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5