SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

齋藤伸也の顧客獲得!ビジネスブログ活用術

第3回 ビジネスブログは諸刃の剣? ~ビジネスブログのメリットとデメリット~

ビジネスブログはオンラインマーケティングを活用するうえでの「道具」と言えます。道具ですから、うまく使えば良い効果をもたらし、下手をすると悪い結果を出してしまうという面もあります。そこで、今回はビジネスブログを活用するため、そのメリットとデメリットについて解説していきます。

ビジネスブログのメリットとは?

 さまざまな効果があるビジネスブログですが、大きなポイントとして下記の三つがあげられます。

  • 情報発信が簡単
  • 集客に効果的
  • 情報コミュニケーションがしやすい

 ただし、このようにメリットとなるのはうまく活用できた場合の話です。使い方を間違えてしまうと、逆にデメリットとなりかねません。どのようなメリットやデメリットが考えられるのか、よく理解をした上でビジネスブログという道具を使いこなしていきましょう。

メリット:情報発信が簡単になる

 よく言われていることですが、ビジネスブログを活用すれば情報発信がとても簡単になります。ブラウザからIDとパスワードでログインし、タイトルと本文に書きたいことを書いて保存、たったこれだけです。これだけの作業で自社のブログに新たなページが加わり、トップページなど各種ページも更新されます。これまで自社内でホームページの制作管理をしていたとすればホームページ制作ソフトやFTPソフトなどから解放され、外部や自社の別部署に依頼をしていたとすればコストと時間が圧倒的に削減できるようになります。

 ブログ導入時のコストや労力については、デザインや各種カスタマイズに凝れば凝るほどそれなりに発生しますが、ポータルサイトなどから提供されている無料のブログサービスでブログを始めるのであれば、思い立った数分後に始めることさえ可能です。ブログの普及のおかげで、それほどネット上で情報発信をすることが容易になったのです。ブログ構築が完了して無事にブログが公開された後は、日々の更新という運営フェイズとなります。先に述べたようにブログは情報発信が簡単なため、

  • 社長が日々の出来事を述べる
  • 飲食店が今朝仕入れた旬の食材を写真付で公開する
  • 店舗がイベント情報を告知する
  • メーカーが商品をさまざまな視点から紹介する
  • Q&Aや用語集、コラムなどを日々公開する

 などの使い方が簡単にできるようになります。つまり、ブログという情報発信の道具を手に入れた会社は、発信したい情報を好きな時に好きなだけ発信できるようになったのです。これまで、日々ネット上で情報を発信する術があったのは、ポータルサイト、新聞社などのメディア、一部の会社や団体など、大がかりなCMSを導入しているところしかありませんでした。

 ところが、ブログという道具が個人や多くの会社などに広まり、誰でも簡単に情報発信できる状態が整ったのです。これまでのインターネットでも誰でも情報発信ができるところではありましたが、情報発信を「簡単」にしてくれたのがブログの大きな功績としてあげられるでしょう。顧客に伝えたい情報がある会社は、今すぐにでもブログを活用できるでしょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
デメリット:余計な情報を発信してしまう

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
齋藤伸也の顧客獲得!ビジネスブログ活用術連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

齋藤 伸也(サイトウ シンヤ)

有限会社イーナチュラル代表取締役、1972年北海道生まれ。大学卒業後、 不動産会社にて分譲マンションの営業やマーケティングに活躍。退職後、社会人大学院にてMBAを取得。 1998年に創業し、当初から「ホームページをできる営業マンに!」をコンセプトに、企業ホームページの 構築運営やコンサルティングを手掛ける。...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2006/09/29 13:35 https://markezine.jp/article/detail/240

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング