SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オプト、TVCMとWeb広告の最適化を一気通貫で行うサービス「BLEND.TxD」をリリース

 オプトは、TVCM×Web広告最適化コンサルティングサービスパッケージ「BLEND.TxD(ブレンド)」の提供を開始した。

 近年、ユーザーのデジタルシフトが進む中でWeb広告の活用が活発化し、 TVCMではリーチできない層の増加に加え、訴求内容・質を補完する他メディアの活用が求められている。この市場背景を踏まえ、同社では2012年よりオンライン動画専門部署をいち早く立ち上げ、独自の動画広告メニューの開発やクライアントのオンライン動画広告の運用を行ってきた。

 その中で、2015年より提供を開始してきた「TV×Web広告の統合分析」の調査案件数が50案件を突破。同調査では、TVCM出稿におけるターゲット含有率やリーチ単価、有効フリークエンシ―調査から、ターゲットリーチ・態度変容効果最大化と最適なプロモーション予算配分までを分析している。

 今回提供開始するサービスでは、この統合効果分析の調査結果をもとにプロモーションの全体プランニングからWeb専用クリエイティブ制作・広告配信の最適化、予算配分モデル構築まで一気通貫したサービスをパッケージにて提供する。

【関連記事】
動画広告に求められるのは視聴のコントロール/日本人、TVCMには肯定的【カンター・ジャパン調査】
「antenna*」のTVCM、駅広告、シネアドが一斉展開〜駅広告は36の多彩なクリエイティブを展開
メタップス、スマートフォン動画広告とTVCM効果を統合分析できるツール提供
CA、慶応義塾大学と動画広告領域の共同研究を開始~第一弾はTVCM非接触層の生活実態調査
TVCM×FB動画広告で「ターゲットリーチ率」「広告認知率」「ブランド評価」向上【博報堂調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/03/01 10:00 https://markezine.jp/article/detail/24006

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング