MarkeZine(マーケジン)

記事種別

データ専門研究開発組織「LINE Data Labs」を新設、年内50人規模の組織を目指し採用強化

2016/04/01 09:30

 LINEは、LINEおよびLINE周辺サービス事業領域におけるデータの分析・研究を行う専門の開発組織として「LINE Data Labs(ライン データラボ)」を新設した。同組織は、これまで各サービス事業領域ごとに存在していたデータチームを統合して新設されたもの。これにより、事業領域を超えて、ユーザーの利用動向等のデータを横断的に扱うことが可能となる。

 「LINE Data Labs」では、LINEおよびLINE周辺サービス上で高度なデータ分析、機械学習を行うことで、サービス上で実施する、ユーザー属性・興味関心分野の自動推計やそれに基づくコンテンツ・広告配信の精緻化、運用型広告への活用、人工知能(AI)等データ応用システムの構築および、データ統合プラットフォームの構築・運用を強化などに取り組んでいく。

 また同社では、研究成果を軸とした、「LINE Data Labs」内での新たなサービス開発も視野に入れており、データに関連した職種の採用も積極的に行い、年内50人規模の組織を目指す。

【関連記事】
サイバーエージェント「AI Lab」、明治大学と産学連携へ~人工知能×アドテクノロジー活用を推進
トヨタ自動車、「人工知能技術」の研究・開発強化を目指しシリコンバレーにて新会社を設立
リクルート、AI研究所「RIT」の研究本拠点を米国シリコンバレーに設置
ALBERT、人工知能関連事業強化を目的に 電気通信大学と共同研究を開始
ヤフー、11分野のビッグデータ研究を推進すべく博士やポスドク採用枠を新設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5