SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

新デジタルマーケティング プラットフォーム「Coke ON」 スマホ自販機とつながるアプリが誕生

 日本コカ・コーラは、新しいデジタルマーケティングプラットフォームとして開発した「Coke ON」の運用を開始した。専用のスマートフォンアプリを通じて、「買う」「飲む」「楽しむ」シーンにおいて、さまざまな新しいサービスを提供していく。

 「Coke ON」のサービス第1弾として、4月8日、「Coke ON」アプリに対応したコカ・コーラ自動販売機、「スマホ自販機」でのロイヤリティプログラムが開始した。同プログラムでは、利用者が「Coke ON」アプリを利用して「スマホ自販機」に接続した状態でコカ・コーラ社製品を購入すると、製品の種類やサイズ不問で1本につき1スタンプが獲得でき、15スタンプごとに「スマホ自販機」好きな製品1本と無料で交換可能なドリンクチケットが獲得できる。

 「Coke ON」ではこのほか、製品特性やブランド戦略に即したさまざまなサービスの提供を予定しています。例えば、地域のその日の気温に応じた製品サンプリングや、ブランドと縁の深いアーティストによるエンターテイメントコンテンツの配信などの施策に加え、オリンピックイヤーならではの、スペシャルプログラムが予定されている。

 なお「Coke ON」アプリは、2016年末までに200万ダウンロードを目標とし、「Coke ON」アプリに対応する「スマホ自販機」は、2016年末までに14万台を目標に全国で導入を進めていく。

【関連記事】
コカ・コーラ、スマホアプリと連動した自販機でのロイヤリティプログラムを展開
「コカ・コーラ」ブランドが新グローバルマーケティング「ワンブランド」戦略を発表
コカ・コーラのネームボトルキャンペーンがパワーアップ、今年は自動販売機も活用
大日本印刷と北海道コカ・コーラ、近づくと情報を発信する自販機の開発に向けた実証実験を実施
キリン、LINE ビジネスコネクト活用した「自撮り写真提供機能付き自動販売機」を展開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/04/08 10:00 https://markezine.jp/article/detail/24250

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング