MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Facebook、シェア状況を可視化するツールを提供へ コンテンツの改善に寄与

2016/04/14 09:30

 Facebookは、米国時間4月12日、サンフランシスコにて開催した開発者カンファレンス「F8」において、ウェブ上の様々なコンテンツをシェアし、エンゲージメントを深め、そして効果を測定することを可能にする「シェアリングツール」を発表した。

 同ツールでは、Facebookやその他のサイトで、気になったコンテンツを手軽に友達とシェアすることができ、具体的には、引用やハッシュタグを使ったシェアが簡単にできるようになる。加えて、保存ボタンの機能を外部パートナーに提供し、お気に入りのサイトをFacebook上に保存しやすくした。同機能のローンチパートナーには、メルカリと楽天も参画している。

 そして、Facebookではウェブサイト管理者向けに、よりシェアに関するインサイトを確認できるよう効果測定の部分も強化。例えば、サイトのリンクがFacebookでどれくらいの利用者間の会話に登場したか、もっとも引用されている文章はどの部分かといったことが把握できるようになる。これにより、サイトのコンテンツの改善に繋げることができる。

【関連記事】
Facebook、リード獲得広告の5つのアップデートを発表~動画広告対応など可能に
C Channel・トランスコスモス等、 Facebook向けネイティブ動画広告サービスで提携
Facebookの広告主が全世界で300万を突破、新機能追加も
SEMへの支出が鈍化/Facebook広告、GDN共にCTR向上【アドビ調査】
Facebook、ブランドや製品の魅力を全画面で伝えるモバイル専用の「キャンバス広告」提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5