SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「どこでも」視聴できるTV Everywhere、実際は一か所で視聴されていると判明【アドビ調査】

 アドビは、テレビ番組や映像コンテンツをさまざまなデバイスで視聴可能なネット配信サービスの形態「TV Everywhere」に関する調査を実施した。その結果、「どこでも」視聴できることを定義の一つとしていたTV Everywhere視聴の多くは、一つのロケーションで発生しており、移動しながらモバイル経由で視聴している人はわずかであることが明らかになった。

上:ロケーション別視聴(北米、2016年3月)下:iOS、Androidユーザーのロケーション別視聴(北米、2016年3月)

上:ロケーション別視聴(北米、2016年3月)下:iOS、Androidユーザーのロケーション別視聴(北米、2016年3月)

 分析によると、TV Everywhere視聴者の71%は、一か所にとどまって視聴していることがわかった。モバイルデバイスを使用している場合も72%はある特定の場所で視聴しており、モバイルデバイスがTVのような「受け身のメディア」を視聴するデバイスとして利用されていることがわかった。

 さらに、ある特定の場所で視聴をしている消費者は、複数のデバイスを使用してTV Everywhereを視聴しているようだ。

一か所でのデバイスシェア(北米、2016年3月)
一か所でのデバイスシェア(北米、2016年3月)

 加えて、同調査では、北米におけるTV Everywhereの視聴数は、昨年と比べ2倍に増加したことも明らかになった。

【関連記事】
企業で進むオウンドメディア活用/消費者の求める情報と企業の工夫にギャップ【電通PR調査】
メディア環境10年間の変化を振り返る/博報堂DYメディアパートナーズ「メディア定点調査2016」
VRで一番体験したいのは「観光」関連のコンテンツ/体験のハードルは価格と場所【Viibar調査】
YouTubeの6秒間広告、約4割が「離脱要因にはなりにくい」と回答【ジャストシステム調査】
Twitter利用者率が高いアプリ1位、ゲームは「ラブライブ」、買い物は「ミンネ」【ニールセン調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング