SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天、Amazon、ZOZOなど登場!調査資料『EC市場とテクノロジー活用最新動向調査』予約開始

  調査資料『EC市場とテクノロジー活用最新動向調査2015-2016』は、ECzineとデジタル・IT調査機関「デジタルインファクト」が、現在のEC市場とテクノロジー活用について分析したデータ集。

 「EC市場」「消費者動向」「事業者動向」の3つの視点で各種公開情報を収集したほか、EC関連の先進企業26社へのインタビューや、ECテクノロジー導入に関するウェブアンケート調査分析結果などを掲載。

 A4サイズ、252ページの『紙版』『PDF版』(いずれも15万円、税別)、『紙版+PDF版』(20万円、税別)、『PDF版+ローデータ』(30万円、税別)の4商品を、翔泳社が運営するECサイト「SEshop」で6月22日から予約開始、30日から発売する。詳細・予約はこちら

ECzine編集長よりコメント

 「本調査資料は、『市場』『消費者』『事業者』の3つの視点からテクノロジーの影響とそれに伴う現況を分析し、できるかぎり客観的な情報としてお届けできるよう努めました。ECにかかわる事業者の皆様のビジネスの お役に立てば幸いです。

 なお、本書の約半分が『業界関係者ヒアリング編』というECにかかわる先進企業26社様へのインタビューで構成されています。また、5章の『ウェブアンケート調査結果編』は、ECzine読者の皆様のアンケートへのご 回答によって実現しました。ご協力いただいた皆様に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。ありがとうございました」(ECzine編集長・倭田須美恵)

目次

1.市場分析編

  • 「EC」および「EC市場」の定義
  • 国内のEC市場規模
  • BtoC市場の動向
  • BtoC市場の新たな動向
  • CtoC市場の成長と変化
  • 「ネット」と「リアル」

2.消費者動向編

  • 経済・消費の最新動向
  • 消費者のデバイス環境の変化
  • 消費者のEC利用動向

3.事業者動向編

  • 事業者動向に見るECの現状
  • EC事業者の分類
  • モール事業者
  • ツールベンダー

4.業界関係者ヒアリング編

EC事業者編
  • Oisix
  • 北欧、暮らしの道具店
  • カメラのキタムラ
  • ハンズネット
  • 三越オンラインストア、伊勢丹オンラインストア
  • ディノス、セシール
  • プロアクティブ+、ニキペディア
  • R.STYLE(リンナイスタイル)
モール編
  • Amazon マーケットプレイス
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • ZOZOTOWN、WEAR
  • チャイナパスポート、チャイナエクスプレス、Japan MD center
  • メルカリ
ツールベンダー編
  • EC-CUBE
  • SAP Hybris Commerce
  • スマレジ
  • ZenClerk(ゼンクラーク)
  • バリューコマース、アールエイト
  • Criteo
  • ショッピング広告
  • Facebook広告
  • Twitter広告
  • 「ZERO ZONE SEARCH」など「ZERO ZONE」シリーズ
  • aucfan.com
  • LINE、アカウントコマース

5.ウェブアンケート調査結果編

  • ECテクノロジーへの投資額
  • 自社ECサイトの構築方法
  • 導入しているECテクノロジー
  • ECテクノロジー導入基準
  • ECテクノロジーの効果を測る指標
  • ECテクノロジーで実現したいこと
  • ECでテクノロジーの導入・運用の課題
  • ECテクノロジーで解決したい課題
  • 関心のある新しいECテクノロジー
  • 実施しているデータ分析
  • 活用しているデータ分析ツール
  • データ分析に関する課題
  • 取り組んでいるオムニチャネル施策
  • 売上につながるソーシャルメディア
  • 人工知能への関与
  • 投資を検討するECテクノロジー
  • 今後のEC業界が発展するために必要なこと

ページサンプル

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング