SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

中学生のスマホ所有率、40.9%に/一番使ってみたかったのは「LINE」【MMD研究所調査】

 モバイル専門マーケティングリサーチ機関であるMMD研究所は、インテル セキュリティと共同で、2016年6月10日から6月14日に、中学1年生から3年生の子どもを持つ女性1,148人とスマートフォンを所有している中学生370人を対象に「中学生のスマートフォン利用実態調査」を実施した。

中学生のスマートフォン所有率は40.9%に

 中学1年生から3年生の子を持つ女性(n=1,148)を対象に、子どもに携帯電話を持たせているかという質問をしたところ、携帯電話の所有率は57.1%で、スマートフォンの所有率は40.9%ということが明らかになった。

 また、2015年に行った調査結果と比較するとスマートフォンの所有率は3.0ポイント増えていることがわかった。

スマートフォンでしてみたかったこと、1位はLINE

 スマートフォンを所有する中学生370人を対象に、自分のスマートフォンを持ったとき、一番したいと思ったことを単数回答で聞いたところ、「LINE」が53.0%で最も多く、次いで「ゲーム」が19.2%、「インターネット検索」が8.4%となった。

 また、スマートフォンで普段行っていることを複数回答で聞いたところ、こちらも「LINE」が80.8%で最も多く、次いで「インターネット検索」が69.7%、「ゲーム」が68.1%となった。

【調査概要】
「中学生のスマートフォン利用実態調査(親への調査)」
調査期間:2016年6月10日~6月14日
有効回答:1,148人
調査方法:インターネット調査
調査対象:中学1年生~3年生の子どもを持つ母親
「中学生のスマートフォン利用実態調査(中学生への調査)」
調査期間:2016年6月10日~6月14日
有効回答: 370人
調査方法:インターネット調査
調査対象:中学1年生~3年生

【関連記事】
2016年、スマートフォン広告費は5,516億円と予測【D2Cインターネット広告市場規模推計調査】
「AmoAd」、小学館のアプリ「マンガワン」と提携~作家によるクリエイティブ作成サービス開始
コカ・コーラ、35℃以上の猛暑日にスマホ自販機でアクエリアス1本の引き換え券をプレゼント
スマートフォンで利用されているECは?/Amazon、楽天は利用者数3,000万超【ニールセン調査】
トランスコスモス、AMPとPWA対応の専門開発チームを新設

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/07/06 11:30 https://markezine.jp/article/detail/24750

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング