SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

四国エリアはファッションECを活用/財布の紐は21時からゆるくなる【ZOZOTOWN調査】

 スタートトゥデイは同社運営のファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」のデータから「ファッションにお金をかけている都道府県民ランキング」および、「財布の紐がゆるむ時間帯」を調査し、結果を発表した。

四国エリアのユーザーはZOZOTOWNを積極活用

 都道府県別にZOZOTOWNでの一人当たりの年間購入額(期間:2015年6月1日~2016年5月31日)で比較したところ、1位東京、2位千葉、以下、高知・徳島・香川と四国エリアが続いた。

ファッションにお金をかけている都道府県民ランキング
ファッションにお金をかけている都道府県民ランキング

 この結果について、スタートトゥデイは四国エリアのアパレルショップ数が他の都道府県に比べて少ない点を要因として上げた(ファッションコーディネートアプリ「WEAR」に登録しているアパレルショップ数で比較すると、最も多い関東エリアには1都県平均2156ショップあるのに対し、四国エリアは1県平均166ショップとなっている)。

財布の紐は21時からゆるくなる

 ZOZOTOWNの購入者数を時間帯別(期間:2015年6月1日~2016年5月31日)に比較すると、最も買い物される時間帯は23時台をピークに、1位から3位までは夜間帯が独占する結果となった。目当ての商品がある場合は23時よりも前に訪問すれば、売り切れることなく購入できるかもしれない。

 【参考:アクティブ会員属性】

【関連記事】
スタートトゥデイ、NZのソフトセンサー開発企業へ出資〜ファッション事業分野の技術革新へ
スタートトゥデイとLINE、ファッション領域におけるビーコン事業で提携
ファッションアプリiQON、機械学習を用いて好みに応じたアイテム提案する「for You」リリース
ファッションEC「SHOPLIST」、人工知能「SENSY」を試験導入~個客最適化した商品を提案 
WEAR、「アメブロ」と連携開始~WEARのコーディネートをアメブロにも自動投稿

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/07/15 08:00 https://markezine.jp/article/detail/24818

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング