SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

BOOKS(PR)

それって数字チェックしているだけでは? データ分析して成果を上げるために、Excelを使いこなそう

 翔泳社では8月24日に『数字思考力×Excelでマーケティングの成果を上げる本』を刊行しました。本書は数字を集計・分析し、改善策を立案して実行するのに必要なExcelを活用するためのガイドです。いろんなツールはあっても、結局はExcelを使いこなせる人が成果を上げられるのです。

数字思考力×Excelでマーケティングの成果を上げる本』は、いわゆるExcel本ではありません。データ分析に不可欠なExcelを使いこなし、マーケティング担当の方に自分だからこそできる改善策・企画を実行していただくための指南書です。

 本書ではマーケティング担当になったばかりの方、そして情報収集や数字チェックはしているのに成果が出ないという方が、マーケティングで結果を残すための方法を基本から学ぶことができます。

「何のためにどんな数字を集計するのか」
「どういう仮説を検証するために数字を分析するのか」
「その結果から、いかにして改善策を企画するか」
「どうやって社内で企画の承認を得て実行に移すか」

 大事なことは数字とロジック。そして著者の植山周志さんが掲げる「顧客と企業をともにハッピーにすること」というマーケティングの秘訣です。

 マーケティング担当者の中には、もしかしたら「いまさらExcelなんて」と思われる方もいるかもしれません。しかし、実はExcelこそがマーケティング業務に不可欠なツール。どんなマーケティングツールを導入しても、csvファイルにしてExcelでデータ分析しなければならないからです。

 どんなツールを導入しようかと検討する前に、まずは数字思考力を鍛え、Excelを使いこなせるようになりませんか? 本書があれば、トップクラスのマーケターになる足がかりを得られるでしょう!

目次

第1部 基本知識編
 第1章 マーケティング業務の概要
 第2章 できるマーケティング担当者への近道

第2部 マーケティング実務編
 第3章 STEP1 数字を集計する
 第4章 STEP2 収集した数字を分析する
 第5章 STEP3 分析をもとに予測を立てる
 第6章 STEP4 報告・プレゼン資料を作成する

数字思考力×Excelでマーケティングの成果を上げる本

Amazon SEshop その他


数字思考力×Excelでマーケティングの成果を上げる本

著者:植山周志
発売日:2016年8月24日(水)
価格:1,728円(税込)

本書について

本書は「マーケターがExcelを使えるとどんなメリットがあるのか?」という基本知識から「数字の集計」「集計した数字の分析」「分析に基づく予測」「報告資料の作成」等々、利用シーンに合わせたExcelの活用法を徹底解説しました。

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
BOOKS連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

 翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/01/13 13:07 https://markezine.jp/article/detail/24873

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング