SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ライゾマティクスが新部門「Research」・「Architecture」・「Design」を創設

 2016年7月25日、創立10周年を迎えたライゾマティクス(Rhizomatiks)は、進化し続けるテクノロジーとともに迎える次なる時代に向け、3つの新部門を設立した。具体的には、技術と表現の新しい可能性を探求するR&D・メディアアート部門「Research」、空間の在り方を創り変える部門「Architecture」、課題を発見し解決へと導く「Design」だ。

 「Rhizomatiks Research」は、メディアアート、データアートといった研究開発要素の強いプロジェクトを中心に扱い、まだ見たことのないモノ・コトを世の中に発表していく。ハード・ソフトの開発から、オペレーションまで、プロジェクトにおける全ての工程に責任を持つ。また、人とテクノロジーの関係について研究し、様々なクリエイターとのコラボレーションワークを実践していく。

 「Rhizomatiks Architecture」は、デジタル・テクノロジーを活かしたクリエイティブで得られる体験を、空間・都市といった世界まで拡張し建てて終わりの建築ではない変化と進化を続ける建築を生み出す。調査・設計・コンテンツ開発・イベント運営までシームレスに行うことでハード・ソフトの垣根を越え、場の体験を横断的につなぎ、その“場”で起こる、全ての事象を創造していく。

 「Rhizomatiks Design」は、真実を見つめ課題を解決に導く部門。クライアントとともに課題を発見し、デジタル・テクノロジーを活かしたデザインによって、解決へと導く。商品開発、広告プロモーション、イベント表現を、設計・実行・評価し未来にも適応するブランド設計・広告設計をサポートする。

【関連記事】
サンスターのスマートハブラシ「G・U・M PLAY」、よい歯の日に発売を開始
LINE×バスキュール×電通、七夕をリデザインする「みんなの七夕プロジェクト実行委員会」始動
資生堂、世界で一つのギフトにもなる魔法の似顔絵ジェネレーター「マジョリ画」を公開
KDDI×キリン、次世代型おままごとキット「ままデジ」開発~音や匂いでままごとを料理体験へ
ABEJAとダイキン、ディープラーニング活用した協業開始~AIによる高度な業務改善・効率化を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/07/27 08:30 https://markezine.jp/article/detail/24893

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング