SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CCI、ビデオリサーチ社の類推セグメント情報活用した広告配信可能に~配信量の確保可能に

 サイバー・コミュニケーションズ(以下、CCI)は、ビデオリサーチが提供する「SiteGraphics」の取り扱いを開始し、新たなターゲティング広告配信サービスを提供を開始した。

 SiteGraphicsは、Web視聴とプロフィール調査のシングルソースデータに基づき、DMP蓄積データに対し類推のセグメント情報を付与するもの。

 これまで、オーディエンスデータを利用したターゲティング広告配信では、ユーザーのコンテンツ閲覧行動から興味関心を推定したセグメントが多く、複数のターゲット条件を設定した場合に、十分な配信量を確保しづらいという課題があった。

 しかし今回、SiteGraphicsを導入することでCCI保有のオーディエンスデータであるPrediX(R)に、ビデオリサーチグループの調査データをベースにした類推プロフィールを付与できるようになった。これにより、配信量を確保しつつ細かなターゲティング条件の設定を可能とし、興味関心層にアプローチできる。

 CCIは、PrediXデータと連携したDSPなどの各プラットフォームを通じて、これらのオーディエンスセグメントを利用し、効果的な広告配信を目指す。

【関連記事】
CCI、xAdと優先パートナーシップ契約~日本国内のロケーションベースマーケティングを開始
CCI、Teads Japanと提携、日本国内のアウトストリームビデオ広告を強化
電通とCCIとアニマックス、動画配信サービス「アニマックスPLUS」で8月より広告事業開始
ユナイテッドのDSP「Bypass」とD2C Rの「ART DMP」が連携〜広告識別子もとに広告配信
インティメート・マージャー、DSP「Logicad」との連携を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/09/13 09:00 https://markezine.jp/article/detail/25182

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング