MarkeZine(マーケジン)

記事種別

カブクとHonda、3Dプリントによる車両を共同製作~総工程を約2か月に大幅短縮

2016/10/04 11:30

 カブクは、本田技研と、3Dプリント技術を活用して、鳩サブレーの豊島屋が地域宅配サービスをしやすく、宣伝もできる配送車両を制作した。

 今回の開発では、デジタル製造ソリューション「Rinkak マス ・カスタマイゼーション・ソリューション」によって、3Dデザイン/3Dプリンター適用による金型レスの開発プロセス/デジタル製造工場ネットワーク活用を実施。総工程を約2か月に大幅短縮させ、時間もコストも削減したオリジナル車両を提供した。

 鎌倉市に本店を構える豊島屋は、地域ならではの狭い道での宅配業務に課題を抱え、また宣伝のための車両開発は時間とコストがかかり、既成の車両を普段より使い続けていた。そこで、カブクが得意とする3Dプリンターを活用したデザイン/設計/製造を活用して個別ニーズに応え、マスカスタマイズされたオリジナル車両を制作するに至った。

【関連記事】
ホンダとソフトバンク、AI分野で共同研究
日産、行列に並んでいるだけで先頭まで連れて行ってくれるイスを開発〜店舗への無償貸与も予定
電通とカブクが業務提携、デジタルファブリケーション領域の製品開発や事業化支援で連携へ
チームラボとDMM.com、ものづくりのためのプラットフォーム「DMM.make」リリース!
大日本印刷、3Dプリンターでの危険物製造や著作権侵害を抑えるセキュリティプログラムを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5