SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

カゴメ、地域生産者と日本の消費者をつなぐ新ビジネス「農園応援」スタート

 カゴメは、10月18日から、自社で運営する通信販売事業の中に、新ビジネス「農園応援」を立ち上げた。これは、食において高まる「地域」「農業」への関心をビジネスチャンスと捉え、地方に眠る特色ある果実や野菜を、カゴメが通信販売ビジネスで築いてきた仕組みを活用して、顧客に届けるもの。

農園応援で取り扱う商品

 具体的には、カゴメが全国各地の生産者を訪ね、農産物を目利きし、青果や加工品を“いつ・だれが・どこで・どのように”という物語とともに、顧客に届ける。これにより、新たな需要と顧客創出を狙うとともに、生産者の困り事である消費者とのコミュニケーションの構築、安定的な販路の確保、生産量の拡大の課題解決を目指す。

 カゴメは1998年より、通信販売事業「健康直送便」をスタートさせ、店舗では販売していない商品を取り扱ってきた。まずは、同サービスを利用している38万人の既存顧客に対して、オンラインショップやメールマガジンで、「農園応援」を案内する。

 なお、初年度に展開する商品は、山形県上山市にある「果樹楽園うばふところ」の「ゴールド ラ・フランス」および、北海道余市町にある「水尻農園」のトマトを搾った「北海道余市トマトジュース」の2品をオンラインショップで販売。2017年度以降は、取扱品目を拡大していく予定。

【関連記事】
ベルーナ、ファッション通販サイト「RyuRyu」に人工知能「SENSY」を導入
千趣会、「ベルメゾンネット」の顧客体験向上目指し「IBM(R)Tealeaf CX」を採用
マガシーク、三越・伊勢丹オンラインストアと在庫の共有を開始
オイシックス、フードテック専門の投資部門を設立~EC活用したテストマーケティングの支援なども
LOHACO、「1時間単位の指定」「到着10分前の通知」可能な受け取りサービスを本格展開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/11/07 17:46 https://markezine.jp/article/detail/25435

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング