SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スリムビューティハウス、「B→Dash」を採用~オンラインで獲得したユーザーのデータを一元管理

 フロムスクラッチが開発・提供する、次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash(ビーダッシュ)」が、全国にエステサロンを展開する、スリムビューティハウスに採用・導入されることが決定した。

 これまで、フロムスクラッチでは、オンライン・オフラインの集客・予約データ、来店や契約、売上といった事業データ、ユーザーデータが、ツール間・システム間で別々に管理されており、それらを統合して分析・活用することに膨大な時間とスキルを要していた。

 さらに、ビジネスデータについては、データ管理を店舗ごとに任せていたため、

 例えば優良顧客を判断するための顧客ランクの定義が店舗ごとに異なっているなど、経営状況を正確に可視化することが難しい状態だった。

 そこで今回、オンラインで獲得したユーザーのデータを一元管理し、One to Oneでのインタラクティブなコミュニケーションを構築・実現するための基盤として今回、B→Dashを導入することに決めた。

 今後、スリムビューティハウスでは、整備されたデータをもとにB→Dashのメール配信機能を使って既存顧客の売上最大化に取り組んでいく。

【関連記事】
PR TIMES、旅行系キュレーションメディア2社にプレス向け素材を提供
富士通、企業のデータ統合を支援する「eXperience Data Platform」の提供を開始
DACの「AudienceOne(R)」、富裕層世帯率の高い郵便番号エリアでのターゲティング可能に
シナジーマーケティング、優良・休眠顧客見極め広告配信するサービスをリリース
AbemaTV、データ通信量を設定できる「通信量(画質)設定機能」の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/11/11 08:00 https://markezine.jp/article/detail/25580

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング