SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

調査事業者向けユーザーリサーチプラットフォーム「LINE Research Platform」公開

 LINEは、11月14日、コミュニケーションアプリ「LINE」上で保有する、スマートフォン調査パネルを基盤とした調査事業者向けのユーザーリサーチプラットフォーム「LINE Research Platform」を公開した。

 「LINE Research Platform」の特徴は、スマートフォン調査パネル(約450万人/2016年11月時点)を保有し、モニター登録者のうち、57%が15~29歳と若年層へのリーチが高い点。

 また、LINE上のプッシュ通知でアンケートが配信されるため、最終回収目標数に対する回答実績は60分以内で45%超、1日以内で80%を超えるなど、調査期間が短い調査や緊急調査にも対応が可能。

 従来、インターネットを利用したユーザー調査はPCパネルを利用したものが主流だったが、PCの利用時間は2011年をピークに減少に転じている。また、利用時間が拡大する携帯電話・スマートフォンとの差は広がり、特に若年層についてはその傾向が顕著なものとなっている。このような状況を受け、同社は調査事業者向けに「LINE Research Platform」を公開するに至った。

【関連記事】
博報堂×LINE、スマートフォン調査パネルを活用した調査研究プロジェクト「若者インサイトラボ」
電通アイソバー、アンケート調査×Web解析データで顧客の態度・心理変容分析
電通、サイト解析ツールに調査モニターの属性データをリアルタイム連係できるサービスを提供
コロプラとKDDI、ゲーム感覚で調査に参加できるリサーチアプリ「auまちモニ」を提供
インテージ、マーケティングアプリケーションズと提携~リサーチプラットフォームの強化へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング