MarkeZine(マーケジン)

記事種別

CAが位置情報の広告活用を強化、Googleマップ等で表示される店舗情報を一括管理するサービス提供

2016/11/15 08:30

 サイバーエージェントは、位置情報の広告活用に特化した専門組織、ジオマーケティング部署を新設。あわせて、Googleが提供する「Googleマイビジネス(※)」の店舗情報を管理するデータフィードマネジメントサービス「Geo Feed(ジオフィード)」の提供を開始した。

 「Geo Feed」は、「Googleマイビジネス」と連携することで、Googleの検索結果画面やGoogleマップ上に掲載する店舗情報を、一括で更新・管理が可能。企業が展開する複数の店舗の電話番号や住所といった店舗情報の一元管理が可能で、臨時休業や新店舗のオープン、連絡先情報の修正なども都度編集することで、Google検索結果画面やGoogleマップに常に最新情報を掲載することができる。

 同社は「Geo Feed」を活用することで、正確な情報をリアルタイムに企業のマーケティング活動に繋げ、広告効果の向上や様々なプロダクトとの連携を図った位置情報サービスの開発・提供を目指す。

※ Googleマイビジネス:Google検索やGoogleマップなど、さまざまなGoogleサービス上にビジネス、ブランド、アーティスト、組織などの情報を表示し、管理するための無料管理ツール。

【関連記事】
Supership、独自データと位置情報を掛け合わせたオーディエンス広告配信を開始
移動予測データに基づく新たな位置情報連動広告を「駅すぱあと」が提供開始
ニアー、ウフル、アロバ、位置情報と店内分析を組み合わせた店舗販促・分析ソリューション開発へ
CCI、xAdと優先パートナーシップ契約~日本国内のロケーションベースマーケティングを開始
凸版「Shufoo!」、店舗周辺にいる潜在顧客に情報をタイムリーに配信できる「ココチラ」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5