SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CAが位置情報の広告活用を強化、Googleマップ等で表示される店舗情報を一括管理するサービス提供

 サイバーエージェントは、位置情報の広告活用に特化した専門組織、ジオマーケティング部署を新設。あわせて、Googleが提供する「Googleマイビジネス(※)」の店舗情報を管理するデータフィードマネジメントサービス「Geo Feed(ジオフィード)」の提供を開始した。

 「Geo Feed」は、「Googleマイビジネス」と連携することで、Googleの検索結果画面やGoogleマップ上に掲載する店舗情報を、一括で更新・管理が可能。企業が展開する複数の店舗の電話番号や住所といった店舗情報の一元管理が可能で、臨時休業や新店舗のオープン、連絡先情報の修正なども都度編集することで、Google検索結果画面やGoogleマップに常に最新情報を掲載することができる。

 同社は「Geo Feed」を活用することで、正確な情報をリアルタイムに企業のマーケティング活動に繋げ、広告効果の向上や様々なプロダクトとの連携を図った位置情報サービスの開発・提供を目指す。

※ Googleマイビジネス:Google検索やGoogleマップなど、さまざまなGoogleサービス上にビジネス、ブランド、アーティスト、組織などの情報を表示し、管理するための無料管理ツール。

【関連記事】
Supership、独自データと位置情報を掛け合わせたオーディエンス広告配信を開始
移動予測データに基づく新たな位置情報連動広告を「駅すぱあと」が提供開始
ニアー、ウフル、アロバ、位置情報と店内分析を組み合わせた店舗販促・分析ソリューション開発へ
CCI、xAdと優先パートナーシップ契約~日本国内のロケーションベースマーケティングを開始
凸版「Shufoo!」、店舗周辺にいる潜在顧客に情報をタイムリーに配信できる「ココチラ」を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/11/15 08:30 https://markezine.jp/article/detail/25598

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング