SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

顧客の味覚を分析して、好みに合ったお酒を紹介してくれる「Pepper」が登場

 カラフル・ボードと三越伊勢丹ホールディングスは、2月15日より、伊勢丹新宿本店にて、ユーザーの味覚を解析して好みに合ったお酒を提案する「SENSYソムリエ」アプリをインストールした人型ロボット「Pepper」を設置。来店者と会話をしながらお酒を提案する「ロボット接客」を開始する。

 「SENSYソムリエ」とは、ワインや日本酒などを試飲した来店者に、甘み、酸味、苦味などの味覚や、好みに関する感想を入力してもらうことで、人工知能「SENSY」がユーザーの味覚を解析し、店頭に在庫のある商品の中から、一人ひとりの味覚に合わせた最適な1本を提案するもの。

 これまでタブレット端末を活用したサービス提供をしてきたが、より自然で分かりやすいショッピング体験の実現を目指し、Pepperを活用するに至った。

 今後、「SENSYソムリエ」は単なる接客ソリューションにとどまらず、顧客が利用するスマートフォン版アプリともID連携させ、継続的な関係構築、再来店促進、顧客データ分析に基づいた仕入計画や販促計画など、小売店経営に資するソリューションを統合的に展開していく。

【関連記事】
人工知能がワインをレコメンド!大丸東京店に「AIソムリエ」導入
カラフル・ボード、三越伊勢丹と「AIソムリエ」を開始~人工知能が来店客の味覚にあったワイン提案
チャットボット「SENSY bot」、LINE版がリリース~LINE上のやりとりで好みを学習
カラフル・ボードが「SENSY bot」β版リリース~好みに合わせた東京のレストランを提案
ベルーナ、ファッション通販サイト「RyuRyu」に人工知能「SENSY」を導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング