SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Web接客プラットフォーム「KARTE」、 LINEの「Official Web App」に対応

 プレイドが提供する「KARTE(カルテ)」はサイト来訪者の特徴や行動をリアルタイムに解析し、各来訪者にあわせたメッセージ配信などを可能にするサービス。今回、LINE提供の「Official Web App(※)」に対応したことにより、利用企業はWebサイトに変更を加えることなく「LINEアカウント」と連携することが可能となる。

 具体的には、「LINEアカウント」から一人ひとりにあわせたメッセージ配信や、特徴で絞り込んだグループへの配信を「KARTE」から行うことができるようになる。また、Facebookメッセンジャーなどの他ツールとのやり取りを一元管理したり、サイト上でのチャットによる会話の続きを「LINEアカウント」に送ったりすることも可能だ。

 加えて、LINEが新たに提供を開始した「LINE Beacon」端末を活用すれば、リアル店舗とWebサイトをシームレスにつなげた接客も可能となる。たとえば、リアル店舗に来訪した顧客に対して、LINEを通じたメッセージ配信をリアルタイムに行ったり、Webサイト再訪時にリアル店舗で閲覧した商品のレコメンドを行ったりすることができる。

Official Web App:企業が自社のWebサービスとLINEアカウントを連携させ、LINEを起点にした集客やアクション誘導などを可能にする仕組み。LINEアカウントでのログインを可能にする「LINEログイン」や、APIを通じたコミュニケーションを可能にする「LINE ビジネスコネクト」、LINEの登録情報をもとに会員登録時などの入力を補助する「プロフィール+」などの機能がWebサイトで利用できるようになっている。

【関連記事】
トライコーンのLINE専用ASPツールとTREASURE DMPが連携~データ分析から配信まで高速化
セコム、LINEと連携した危機管理サービスの提供を開始
トランスコスモス、おすすめ商品を顧客別にLINEでメッセージ配信する機能を提供へ
DAC、LINE Beacon活用したキャンペーンの対応を開始~よみうりランドのアトラクションが採用
オプト、LINE ビジネスコネクト配信ツールでLINE Beaconの管理可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/02/14 11:50 https://markezine.jp/article/detail/26062

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング