MarkeZine(マーケジン)

記事種別

MAMORIOと相鉄グループ、IoTデバイスを活用した忘れ物自動通知サービスを試験導入

2017/03/08 09:00

 MAMORIO(以下、MAMORIO社)は、遺失物早期発見IoTデバイス「MAMORIO」を提供している。これは、Bluetooth Low Energyを活用したタグを所持品に付けると、紛失時にスマートフォンを使い、置き忘れ防止アラートと紛失場所の地図表示、ユーザーの相互捜索によるクラウドトラッキングができるもの。

MAMORIO
MAMORIO

 今回、MAMORIO社と相鉄グループは、MAMORIOを活用した忘れ物自動通知サービスを3月31日まで試験導入する。具体的には、相鉄線二俣川駅「お忘れ物センター」、相鉄バス横浜営業所、ジョイナス防災センターに「MAMORIO Spot」を開設。MAMORIOを付けた所持品を紛失した際に、MAMORIO社の「クラウドトラッキング機能」によって、その紛失物がMAMORIO Spotに到着した際に、持ち主に預かり場所のスポット名を自動で通知する。

忘れ物自動通知サービスのイメージ
忘れ物自動通知サービスのイメージ

【関連記事】
農業×IoT、米ライフが新鮮なお米をタイムリーに届けるサービス開始
CTC、トイレの空き状況を確認できる「IoTトイレ」を開発
KDDI×よみうりランド、 IoTシューズを活用した体験型迷路アトラクションを開始
スタートアップ支援プログラム「Amazon Launchpad」が日本でスタート
渋谷区観光協会やNTT東日本ら4者、渋谷駅前で公衆無線LANサービス開始〜広告収益などで運営

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5