SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DeNAが第三者委員会調査報告書を公表/抜本的改革のため南場氏が代表取締役に

 DeNAはキュレーションプラットフォームサービスをめぐる不祥事に関連して、2016年12月に設置された第三者委員会による調査報告書を受領したことを発表した。

 調査報告書では、キュレーション事業の一部に法令上および倫理的な問題があったことが指摘された。問題の背景として、同社がiemo社およびペロリ社の買収によりキュレーション事業へと新規参入する段階で、同事業に関する分析・議論が十分に行われず、事業リスクが適切に把握されなかったこと、キュレーション事業においては事業運営に対する「自己修正」を妨げる要因が複数存在していたことなどを挙げている。

 同社は今後の再発防止策として、トップマネジメントの強化、取締役会による業務執行に関する監視、コンプライアンス・管理体制の強化、抜本的な意識改革を掲げた。これと関連して、3月13日付の取締役会にて南場智子氏が代表取締役会長兼執行役員に選定されたことも明らかにされた。代表取締役を、従来の代表取締役兼CEO守安功氏1名の体制から、南場氏との2名体制へと変更することになる。

【関連記事】
DeNA、MERYの全記事も非公開へ~第三者調査委員会の設置も
DeNA、運営する9メディアの全記事を非公開へ~メディア運営の見直し・プロセスの構築を約束
特化型キュレーションメディアに強いDeNA/利用時間長いのは「MERY」【ニールセン調査】
DeNAと東京大学医科学研究所、ユーザー参加型のゲノム研究を開始
au経済圏を拡大!KDDI、「DeNAショッピング」事業と「auショッピングモール」事業を取得

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/03/13 15:00 https://markezine.jp/article/detail/26199

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング