SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

三井住友海上、ココロとカラダの健康づくりを支援する「ココカラダイアリー」を4月より提供

 三井住友海上火災保険(以下、三井住友海上)は、2017年4月下旬から、スマートフォン向けアプリ「スマ保」の新コンテンツとして、ココロとカラダの健康づくりを支援するサービス「ココカラダイアリー」の提供を開始する。

 同サービスは、利用者のストレス状態や歩数の測定、身長・体重等の健康データ、食事内容の記録をとるもの。法人向けに専用Webサイトも用意され、管理者等は集計した従業員の健康データを閲覧できる(※)ため、健康経営の推進にも活用可能だ。

 「スマ保」シリーズでは、これまで、自動車の安全運転を支援する「『運転力』診断」、自然災害時の避難行動を支援する「災害時ナビ」、自転車の速度超過防止を支援する「安心さいくる」など、リスクソリューションサービスを提供してきた。今回の取り組みもその一部。

 また、2017年8月頃を目途に、グループ会社の三井住友海上あいおい生命でも「ココカラダイアリー」サービスの提供を予定している。なお、同社は取得した健康情報を、匿名データに加工し、今後の商品・サービスの開発に活用する予定だ。

※法人の管理者等が閲覧できる従業員の健康データは、歩数、消費カロリー、食事、体重、体脂肪率、BMI値、血圧、脈拍、睡眠時間に限る。

【関連記事】
ソニー損保×Yahoo! JAPAN、カーナビのデータを活用した商品・サービスの開発を目指す
楽天生命、2月より女性向け体調管理アプリ「楽天キレイドナビ」の運営を開始
ライフネット生命保険、LINEとFacebook Messengerで保険診断・見積りを提供
フィナンシャル・エージェンシー、LINEでの保険アフターフォローサービスを開始
東京海上日動、契約者向けにパーソナライズド動画の配信開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング