SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ウイングアークのBIツール「MotionBoard」、新機能でダッシュボードの常時監視が不要に

 ウイングアーク1stは、同社が提供するBIツール「MotionBoard」の最新版となる「Ver.5.7」を、5月17日に発売する。

 新たに実装された「リアルタイムアラート」機能は、センサーや業務で発生する様々なデータを監視し、リアルタイムに通知するだけでなく、ダッシュボードごとに数値を秒単位でチェックし、設定したしきい値を超えたタイミングでメール通知・プログラム連動などの処理を自動実行できるもの。

 担当者が常にダッシュボードを確認する必要がなくなるというメリットが見込まれている。「在庫が安全在庫数を割ってしまった」「機械のセンサー値が異常になった」といった状況に対応することを想定している。

 最新版では統計分析ソフトのRとの連携も実現した。今まではBIツールに入力する前工程として、Rで事前処理を行ったり、他システムで処理したりする必要があった高度な分析や計算を、MotionBoard上で表現できるようになった。

 BIツール「MotionBoard」は、企業内のデータを多彩な表現で可視化する情報活用ダッシュボード。IoTデータのリアルタイム可視化や、地図データの標準搭載に加え、専門知識を必要とせずノンプログラミングでダッシュボードを作成できるユーザビリティ、豊富なチャート表現、スマホやタブレットでいつでも情報を入手できる機動力を特徴としている。

【関連記事】
良品計画がウイングアーク1st「MotionBoard Cloud」を導入、商圏分析に活用へ
博報堂DYホールディングス、ウイングアークとマーケティング・ソリューション開発で業務提携
ウイングアーク、プライベートDMP向けクラウドBI「MotionBoard Cloud for DMP」リリース
ブレインパッドとウイングアーク、ビッグデータ時代のBI/BA領域で協業
アタラのgluとBIツール「Domo」が連携~ROIの可視化を容易に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/04/13 11:15 https://markezine.jp/article/detail/26366

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング