SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インテグラル・アド・サイエンス、GoogleとYouTube広告のブランドセーフティ・レポートを提供

 アドベリフィケーション計測ベンダーのインテグラル・アド・サイエンス(以下、IAS)はGoogleと協業し、YouTube上で展開される広告のブランドセーフティ・レポートを提供すると発表した。両社の取り組みにより広告主は、YouTube上で展開される自社広告のブランドセーフティ・データを正確に把握し、広告を取り巻く環境を個別に検証できるようになる。

 YouTubeが提供するユーザー体験を念頭に置いた上で、IASとGoogleは連携を強化し、インターネット広告業界から寄せられる「透明性」への要望に応える、安全かつ安心なソリューションの開発に取り組んでいく。

 IASが現在クライアントに提供するソリューションは、メディア調査会社の監査や認定審査を行うアメリカの業界団体「Media Rating Council(MRC)」の認定を受けている。

 ブランドセーフティに関しても、「アダルト」「アルコール」「ギャンブル」「ヘイトスピーチ」「違法ダウンロード」「違法薬物」「不快な表現」の7つのカテゴリーに分類し、計測レポートを通じて広告主が自社のブランドリスクを包括的に理解できるソリューションを提供している。

 また、それぞれのリスク基準についても、詳細な規定をカスタマイズできるほか、配信地域指定やキーワードブロック、ブラックリストなどをオプションで追加することも可能になっている。

【関連記事】
ネット広告市場、スマホ広告が6割占める/ソーシャル広告、163%成長【CCI、D2C調査】
セプテーニ、広告クリエイティブ制作に特化した新会社設立 動画広告の制作強化目指す
ADFULLY、ネイティブ広告枠で動画広告の配信が可能になるサービスを提供開始
リクルートキャリア×Viibar×YouTube、就活生に企業の様子伝える動画サービスを開始
メルカリ、YouTuberタイアップ動画を展開~転換率は通常広告からのユーザーより30%高い

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/04/18 12:00 https://markezine.jp/article/detail/26388

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング