SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CVユーザーへのリターゲティング広告を防ぐ「GlassView SmartLoop」がローンチ

 グローバルで動画広告配信ソリューションを提供するGlassViewの日本法人GlassView Japanは、新ソリューション「GlassView SmartLoop」をローンチした。GlassViewでは、昨今注目されるブランドセーフティへの取り組みとして、ボットによるトラフィック、広告インジェクションなど違法なインプレッションを防ぎ、ビューアビリティを最適化する「ブランドシールド」を展開してきた。

 同社はさらにブランドセーフティを強固にするため、今回の「GlassView SmartLoop」をローンチするに至った。同ソリューションでは、多くの消費者が悩まされている、購入後もしつこく追い回してくるリターゲティングを自動で防ぐことができる。

 リターゲティングは、一度は興味を持ち、サイトを訪問したり、カート遺棄をした消費者へのリマインダーとして、非常に有効だ。その一方、すでに商品やサービスを購入したユーザーにもかかわらず、繰り返し配信してしまうというデメリットもある。

 今回のソリューションを提供を通じて同社は、コンバージョンユーザーに対する広告の無駄打ち、ブランド毀損を防ぐ狙いだ。

【関連記事】
「AJA Recommend Engine」、メディア向けのブランドセーフティ機能を強化
インテグラル・アド・サイエンス、GoogleとYouTube広告のブランドセーフティ・レポート提供
ハフィントンポスト、ブランド名を「ハフポスト」に変更 ロゴも一新
DAC、デジタルブランディングに特化した専門組織を設立
Twitter、11周年ブランドキャンペーン開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/05/11 15:00 https://markezine.jp/article/detail/26483

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング