SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

エスワンオーインタラクティブとGRueが連携~データサイエンスを活用しトレーディングデスク強化へ

 エスワンオーインタラクティブとGRueは、2017年5月より、膨大なデータを元に統計解析を活用したトレーディング業務を行うためのパートナーシップを組み、共同でインターネットプロモーション上のマーケティング支援を行うことを発表した。

 マーケティング活動がデジタル化することで、得られるデータが多様化し、分析対象のデータ量も増加の一途を辿っている。データサイエンティストによる分析対応が進む一方で、事業視点を持ったうえで分析から実行をスピーディに行うことが課題となっている。その要因の一つに、事業会社側で得られる経験・データ分析・Web広告運用、各々の領域の専門性、かつ特異な領域がゆえに教育、組織体系等が分断されていることが上げられる。

 両社はこの度の連携により、マーケティング活動から得られる大量のデータをアカデミックに分析し、運用にスピーディに繋げることでWeb広告領域に加え、広告主側の事業視点を起点としたオンライン施策全体のパフォーマンス最大化を目指す。

【関連記事】
VOYAGE GROUPとエスワンオーインタラクティブの合弁会社、トレンダーズとPMP導入支援を強化
エスワンオーインタラクティブとMomentum、アドフラウド・アドベリフィケーション分野で提携
パブリッシャートレーディングデスクbrainyとZucks Ad Network、インフィードで連携
デジタルインテリジェンス、トレーディングサービス専門会社「プログラマティカ」設立
マクロミル、早稲田大学データサイエンス研究所と共同研究を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング